1節点あたり6自由度を持つ任意形立体骨組の微小変形理論による静的・動的断面力解析システムです。特に橋梁構造物におけるさまざまな固定載荷や影響線載荷計算に対応しています。

特長

固定載荷による荷重の対応

jip_spacer_01.png

固定載荷荷重は、線分布、集中力、集中モーメント、温度変化、プレストレス、強制変位、物体力に対応しています。

影響線載荷による死荷重、活荷重に対応

jip_spacer_02.png

影響線載荷は橋面の死荷重と活荷重(道路橋示方書準拠のA,B活荷重、T活荷重、群集荷重)、鉄道橋向けの連行荷重に対応しています。

複雑な格子形状や荷重の載荷方法に対応

jip_spacer_03.png

枝桁、斜角桁、バチ桁、中央分離帯、ランプ、上下層、上下線分離などに対応しています。

各種図の出力に対応

jip_spacer_04.png

断面力図、形状図、変形図、影響線図などをDXFファイルに出力が可能です。

関連ニュース・イベント

新製品
『PCaSlab-Layout』(プレキャスト床版割付決定支援システム)リリースのご案内
ニュース
製品・サービスの価格改定に関するお知らせ
セミナー
JT-KOHKA(3次元版)『ラーメン橋脚保耐法対応オプション』(連続高架橋の耐震設計支援プログラム)説明会開催のご案内《12月22日(金) オンライン》
セミナー
『OCF BIM/CIMセミナー2023』~BIM/CIM本格活用に向けてのOCFからの提案~ ハイブリッド開催のご案内《12月7日・東京》
ニュース
JT-KOHKA(3次元版)『ラーメン橋脚保耐法対応オプション』(連続高架橋の耐震設計支援プログラム)が2024年1月9日にリリース!