鋼桁橋設計システム(HyBRIDGE/設計)から製作情報システム(MIPSON、MASTERSON)に設計情報を連係するシステムです。また、任意形薄肉鋼構造物製作情報処理システム(MASTERSON)の入力支援システムとしての運用も可能です。

特長

他ソフトウェアとの連携による製作情報の効率化

prism2_01.png
  • 線形座標計算システム(JIP-LINER)、桁高計算(PLAN)の骨組み情報、鋼桁橋設計システム(HyBRIDGE/設計)の設計情報との連携により、作業の効率化が可能です。
  • 入力サポート機能の充実でマニュアルを必要としません。

豊富な確認図の表示

prism2_02.png
  • 豊富な確認図により図面との照合が容易にできます。
  • 平面図、桁高変化図、横断面図の確認が可能です。
  • 縦リブ、水平補剛材などの部材情報の確認が可能です。
  • 添接板はボルトピッチ寸法まで表示されます。

3次元の表示機能による確認

prism2_03.png
  • 3次元表示機能により立体的に橋梁が確認できます。

処理範囲の設定が可能

prism2_04.png
  • 受注区間に合わせて任意形薄肉鋼構造物製作情報処理システム(MASTERSON)のデータ出力範囲を設定できます。
  • ジョイント名、横断名称を選ぶだけで範囲の設定ができます。

関連ニュース・イベント

新製品
設計情報属性ファイル交換標準(案)「数量編Ver1.0」対応"まてりあるEX"リリースのご案内
ニュース
『第12回JTS製作システムユーザ会』を2024年6月7日に開催いたしました
新製品
『PCaSlab-Layout』(プレキャスト床版割付決定支援システム)リリースのご案内
ニュース
製品・サービスの価格改定に関するお知らせ
セミナー
JT-KOHKA(3次元版)『ラーメン橋脚保耐法対応オプション』(連続高架橋の耐震設計支援プログラム)説明会開催のご案内《12月22日(金) オンライン》