薄肉構造理論により応力度を計算して主桁の断面決定を行います。板、補剛板および補剛材の許容応力度、必要剛度などは道路橋示方書・同解説Ⅰ共通編、Ⅱ鋼橋・鋼部材編に基づき算出します。

特長

鋼鈑桁・箱桁(多室)の断面計算

jsp_47w_01.png
  • 薄肉構造理論により応力度を計算して主桁の断面決定を行います。
  • 曲線桁では断面定数、そり関数、各種せん断流関数について曲率の影響を考慮し、垂直応力度、せん断応力度に反映できます。
  • 断面力は任意形立体骨組の断面力解析システム(JIP-SPACER)から連動できます。継手位置、断面変化位置での断面力の補間ができます。

確認図の出力

jsp_47w_02.png
  • 断面図を視覚的に確認でき、データミスを未然に防止できます。
  • 横断形状図、応力度分布図、断面力図の表示が可能です。

断面自動決定~計算結果の確認をすばやく

jsp_47w_03.png
  • 張出し部落とし込みデッキの板重ねを考慮できます。架設時、完成時の各断面力による応力度を加算して総括表示、詳細表示ができます。
  • 上フランジ(デッキ)、下フランジ、腹板の板厚自動決定が可能です。また、板厚自動決定は各パーツの部分自動決定も可能です。

関連ニュース・イベント

ニュース
『平成29年道路橋示方書改定に関するWEBセミナー(有料)』サービス終了のお知らせ
ニュース
『PC-Navi(PC桁橋概略設計システム)』がバイプレストレッシング工法に対応!
ニュース
『平成29年道路橋示方書改定に関するWEBセミナー(有料)』の配信期間再延長!
ニュース
『BeCIM/MB』(鋼橋CIMモデリングシステム)がJTS@SPサービスに新登場!
ニュース
『BeCIM/MB』(鋼橋CIMモデリングシステム)がIFC検定に合格しました