薄肉構造理論により応力度を計算して主桁の断面決定を行います。板、補剛板および補剛材の許容応力度、必要剛度などは道路橋示方書・同解説Ⅰ共通編、Ⅱ鋼橋・鋼部材編に基づき算出します。

特長

鋼鈑桁・箱桁(多室)の断面計算

jsp_47w_01.png
  • 薄肉構造理論により応力度を計算して主桁の断面決定を行います。
  • 曲線桁では断面定数、そり関数、各種せん断流関数について曲率の影響を考慮し、垂直応力度、せん断応力度に反映できます。
  • 断面力は任意形立体骨組の断面力解析システム(JIP-SPACER)から連動できます。継手位置、断面変化位置での断面力の補間ができます。

確認図の出力

jsp_47w_02.png
  • 断面図を視覚的に確認でき、データミスを未然に防止できます。
  • 横断形状図、応力度分布図、断面力図の表示が可能です。

断面自動決定~計算結果の確認をすばやく

jsp_47w_03.png
  • 張出し部落とし込みデッキの板重ねを考慮できます。架設時、完成時の各断面力による応力度を加算して総括表示、詳細表示ができます。
  • 上フランジ(デッキ)、下フランジ、腹板の板厚自動決定が可能です。また、板厚自動決定は各パーツの部分自動決定も可能です。

関連ニュース・イベント

新製品
設計情報属性ファイル交換標準(案)「数量編Ver1.0」対応"まてりあるEX"リリースのご案内
新製品
『PCaSlab-Layout』(プレキャスト床版割付決定支援システム)リリースのご案内
ニュース
製品・サービスの価格改定に関するお知らせ
セミナー
JT-KOHKA(3次元版)『ラーメン橋脚保耐法対応オプション』(連続高架橋の耐震設計支援プログラム)説明会開催のご案内《12月22日(金) オンライン》
セミナー
『OCF BIM/CIMセミナー2023』~BIM/CIM本格活用に向けてのOCFからの提案~ ハイブリッド開催のご案内《12月7日・東京》