「プログラム」、「サンプルデータ」および「マニュアル」をダウンロードするためには、 サポートサービス契約の締結が必要です。

  • ダウンロード時にユーザ名とパスワードの入力が必要になります。
  • ユーザ名とパスワードは、サポートサービス契約の締結者に配布しています。
  • ユーザ名とパスワードをお忘れの方は、お問合せフォームよりお問合せください。

プログラム

プログラムファイルを公開しています。インストールしてご使用ください。

注意) Ver.10.XX、Ver.11.XX、Ver.12.XXは、有償バージョンアップになります。

  • Ver11,Ver10,Ver7の今後の扱いについて
    これまでVer11,Ver10,Ver7について不具合対応や機能追加を行ってまいりましたが、今後はVer.12のみになります。
    また、ダウンロードサービスにつきましては、2022年4月1日から最新版のVer.12.XXのみとさせていただきます。
  • 内容バージョン更新日サイズ
    プログラム4
    (H29,H24,H14道示対応版)
    Ver.12.00 2021-03-08 79.4MB
    (EXE形式)
    プログラム3
    (H29道示対応版)
    Ver.11.05 2019-11-22 46.0MB
    (EXE形式)
    プログラム2
    (H24道示,H28二集対応版)
    Ver.10.22 2019-11-22 47.6MB
    (EXE形式)
    プログラム1
    (H14道示対応版(補強設計))
    Ver.7.33 2019-11-22 47.3MB
    (EXE形式)
    Ver.12.00(2021-03-08)
    [全般]
    1.Ver7、Ver10、Ver11を一つのバージョンに統合し、「H14道示・耐震補強対応版」、「H24道示対応版」、「H29道示対応版」を一つのランチャーから起動できるようにした。
    2.2次元版(動的解析エンジン内蔵)、3次元版(動的解析エンジン内蔵)に(TDAPⅢ連動版)として使えるスイッチを追加した。
    3.H14道示・耐震補強対応版に以下の補強機能を追加した。
    ・線形橋脚に対する変位拘束(背面土モデル、桁‐パラペット衝突モデル、パラペットせん断破壊モデル)
    ・鋼板巻きのアンカー筋入力
    ・横拘束筋として取扱う中間貫通鋼材入力
    4.振動単位毎のレーリー減衰設定機能を追加した。
    ☆V12.00では以下の修正を行いました。
    [解析関連]
    1.設計要領第二集に準拠してM-θ関係を算出する際、降伏時の曲率分布を仮定する為のL'がL' < Lpとなった場合にはM-θ計算エラーとしていたが、エラーとせずワーニング扱いとして計算を継続するように変更した。
    2.時刻歴応答解析時において、以下の条件を全て満たすときに免震支承のRayleigh減衰の剛性項(β*K)が正しく設定されない不具合を修正した。
    ・(条件1) 免震支承の減衰マトリックスの評価方法を“剛性項(β*K)は固有振動解析時の支承剛性より設定する”と指定。
    ・(条件2) 固有振動解析時に免震支承の剛性を等価剛性KBeと指定。
    [入力関連]
    1.H14道示・耐震補強対応版に以下の入力機能を追加した。
    ・下部構造‐補強データ‐RC巻き画面において補強部横拘束筋の入力方法に「巻き立て部の帯鉄筋を入力し、断面全体の換算横拘束筋を内部計算する」を追加。
    ・補強後設定画面に鋼板巻きに使用する鋼板の重量を考慮するオプションを追加。
    2.H24道示対応版では新設のみに対して対応するように変更した。
    3.プログラム制限について、以下の変更を行った。
    ・総径間数:30→100
    ・橋脚部材変化断面数:20→50
    ※動的解析エンジンは変更ありません。
    4.動的解析‐時刻歴応答解析‐解析条件‐減衰モデルの設定画面に設定されたモード次数が常にクリアされないように変更した。
    5.下部構造‐断面ブロック画面に、橋脚断面ブロック分割の挿入/削除ボタンを追加した。
    [出力関連]
    1.H14道示・耐震補強対応版に以下の出力を追加した。
    ・下部構造‐補強データの諸画面に、応力-ひずみ関係図を表示させるボタンを追加した。
    ・設計条件‐下部構造‐断面情報の帳票出力に、補強断面の横拘束筋の構成表を追加した。
    ・死荷重解析‐解析条件‐応力-ひずみ関係の帳票出力表に、(換算)横拘束筋の降伏点、間隔、有効長、断面積の出力を追加した。
    2.確認図・確認表‐全体骨組図画面に以下の機能を追加した。
    ・表示モデルの選択機能(モデルA:死荷重解析・分担重量、モデルB:L2静的解析、モデルC:L1動的解析、モデルD:L2動的解析)
    ・DXF出力機能
    3.静的照査(レベル2地震動)‐下限値の照査‐照査結果‐アンカー耐力の照査画面を追加した。
    4.動的照査(レベル2地震動)‐時刻歴応答解析‐照査一覧表の画面および帳票出力に以下の出力を追加した。
    ・橋脚毎、上部構造毎の照査一覧表
    ・橋脚の塑性ヒンジの降伏状態、許容曲率(曲率の制限値)で照査する橋脚部材の降伏状態
    5.印刷画面の描画オプションダイアログに、3次元モデルの断面力値を描画する/しないオプションを追加した。

    すべての更新履歴を見る
    (※ Ver.7.10以降のVer.7プログラムの更新履歴はこちら
    (※ Ver.10.18以降のVer.10プログラムの更新履歴はこちら

    プログラム1(Ver.7.XX)について

    『既設橋の耐震補強設計に関する技術資料』(H24年11月、国総研、土研)に示される耐震補強に関する考え方で計算される場合はプログラム1をご利用ください。

    サンプルデータ

    サンプルデータを公開しています。
    プログラムがVer12.00 以降のサンプルデータになります。

    内容バージョン更新日サイズ
    単柱(時刻歴あり)
    (H29道示対応版)
    12.00 2021-03-08 68.2MB
    (LZH形式)
    単柱(時刻歴あり)
    (H24道示,H28二集対応版)
    12.00 2021-03-08 68.4MB
    (LZH形式)
    単柱(時刻歴あり)
    (H14道示対応版(補強設計))
    12.00 2021-03-08 28.4MB
    (LZH形式)
    • その他のサンプルデータは、ファイルサイズが大きい為掲載しておりません。各営業店所担当までお問合せください。

    マニュアル

    マニュアルを公開しています。
    プログラムがVer12.00 以降のマニュアルになります。

    内容バージョン更新日サイズ
    入力マニュアル
    (H29道示対応版)
    第46版 2021-03-08 9.50MB
    (PDF形式)
    入力マニュアル
    (H24道示,H28二集対応版)
    第46版 2021-03-08 9.10MB
    (PDF形式)
    入力マニュアル
    (H14道示対応版(補強設計))
    第46版 2021-03-08 10.0MB
    (PDF形式)