線形形座標計算システム(JIP-LINER)の線形情報、任意形立体骨組の断面力解析システム(JIP-SPACER)の断面力情報を連動し、鋼桁の主桁及び床組の詳細設計を行うシステムです。さらに、詳細設計の情報は、鋼鈑桁橋製図システム(HyBRIDGE/DRAFT-I)、鋼箱桁橋製図システム(HyBRIDGE/DRAFT-B)に連動できます。

特長

設計システムからシームレスに運用

hyb_design_01.png
  • 設計システムのメニューから、線形座標計算システム(JIP-LINER)、任意形立体骨組の断面力解析システム(JIP-SPACER)、および鋼箱桁橋製図システム(HyBRIDGE/DRAFT-B)、鋼鈑桁橋製図システム(HyBRIDGE/DRAFT-I)までシームレスに運用できます。
  • 設計計算の結果を製図や材料に連動できます。データの重複がないため複雑な形状でも最小限の入力で済みます。
  • 各PCに個別にインストールせず、サーバインストール(サーバ機のみにインストールし、複数クライアントで実行する運用形態)も可能です。

鋼構造特有の複雑なモデルに対応

hyb_design_02.png
  • 複雑な形状になりがちな鋼橋特有の実践モデルに対応しています。
  • 曲線箱桁のフランジ勾配の連続的な変化や桁高変化を正確に扱えます。
  • CAD機能により画面上で配置を確認しながら縦横リブ配置、継手配置、桁高計算が可能です。主桁腹板間隔の変化にあわせた縦リブの配置や、縦リブの本数の変化に対応しています。

充実した自動決定機能

hyb_design_03.png
  • 充実した自動決定機能により板厚や継手形状が検討できます。
  • 図面はDXFファイルの出力が可能です。

専用の帳票ビューワで結果をすばやく確認

hyb_design_04.png
  • ボタンひとつで確認したいところをすばやく確認できます。
  • 詳細出力だけでなく、総括表や一覧表も充実しています。
  • 断面オーバーなどエラーの箇所は目立つように赤で表示されます。

関連ニュース・イベント

ニュース
『平成29年道路橋示方書改定に関するWEBセミナー(有料)』の配信期間再延長!
ニュース
『BeCIM/MB』(鋼橋CIMモデリングシステム)がJTS@SPサービスに新登場!
ニュース
『BeCIM/MB』(鋼橋CIMモデリングシステム)がIFC検定に合格しました
ニュース
『平成29年道路橋示方書改定に関するWEBセミナー(有料)』の配信期間延長!
ニュース
HyBRIDGE『平成29年道路橋示方書』対応版リリースのご案内