鋼桁橋設計システム(HyBRIDGE/設計)、非合成桁の概略自動設計(JSP-1W)、単純合成桁の概略自動設計(JSP-4W)のデータを連動することで、CADを全く使わずに、鈑桁橋、箱桁橋の上部工BIM/CIMモデルを瞬時に自動生成するモデリングシステムです。BIM/CIMモデルのエクスポート機能により、汎用CADや他社BIM/CIMソフトウェアへの連携が可能で、別途用意した下部工構造物や地形、周辺環境などのモデルとの統合が容易です。成果物の品質向上や関係者協議、合意形成の迅速化などが期待でき、維持管理用の上部工モデルとしてもご活用いただけます。

特長

設計データ連動でCAD操作が不要

設計データ連動でCAD操作が不要
  • 「HyBRIDGE/設計」による詳細設計、または「JSP-1W/4W」による概略設計を行った後、その設計ファイルを本システムに連動することで、汎用CADを使わずに詳細度300以上の鋼橋上部工BIM/CIMモデルを自動生成します。

    設計データの活用によりBIM/CIMモデルの精度が担保され、また、汎用CADによるモデリングに比べ圧倒的な作業効率を実現します。

高詳細度モデリングへの対応

高詳細度モデリングへの対応
  • ブラケット、支点補強リブ 等※1の細部部材にも対応しており、詳細度の高いモデリングが可能です。

    鋼橋上部工においては、支点付近の部材集中※1により干渉などの不具合が発生する場合があります。この不具合を設計段階で効率よく確認、回避するために支点周りの部材モデリングを可能とし、設計工程のフロントローディングを促進します。
    1. 対象部材
      端ブラケット、支点補強リブ、補強V、ソールPL、ジャッキUPベースPL、ソールPLによるフランジの拡幅、桁端部の開口、マンホール、排水貫通孔など
    • 本機能は「詳細モデリング」のライセンスが必要です。

付属物モデリングへの対応

付属物モデリングへの対応
  • 排水装置、検査路のモデリングが可能です。

    鋼橋上部工では、主構造と付属物の干渉による手戻りが発生する場合があり、BIM/CIMおける活用項目として付属物による干渉確認が期待されています。この付属物のモデリング作業を効率し、設計初期段階の付属物の配置計画、検討にも活用できます。
    • 本機能は「詳細モデリング」のライセンスが必要です。

3次元数量算出・数量計算書の生成

3次元数量算出・数量計算書の生成
  • 3次元数量の算出と数量計算書の作成が可能です。

    BIM/CIMモデルに対応した「土木工事数量算出要領(案)」が進み、今後BIM/CIMモデルからの数量算出も求められます。これに応えるため、本システムから3次元数量を算出し、「まてりある」(鋼構造物の材料計算ソフト)へ連動することで数量計算書を作成できます。
    • 本機能は「詳細モデリング」のライセンスが必要です。

概略モデル縦横断勾配の精度UP

概略モデル縦横断勾配の精度UP
  • 詳細設計と同様に、設計データに支点位置のZ座標と勾配を入力することで、詳細度200以上の鋼橋上部工BIM/CIMモデルが瞬時に作成できます。
    また、概略設計では扱わない部材は自動生成されるため、データを追加する必要がなく、充実した部材表現が可能です。
    さらに各横断位置でのZ座標も入力でき、より高精度概略モデルが作成できます。
    建築限界などの確認を行うこともでき、概略モデルでの活用が拡がります。

関連ニュース・イベント

新製品
『PCaSlab-Layout』(プレキャスト床版割付決定支援システム)リリースのご案内
ニュース
製品・サービスの価格改定に関するお知らせ
セミナー
JT-KOHKA(3次元版)『ラーメン橋脚保耐法対応オプション』(連続高架橋の耐震設計支援プログラム)説明会開催のご案内《12月22日(金) オンライン》
セミナー
『OCF BIM/CIMセミナー2023』~BIM/CIM本格活用に向けてのOCFからの提案~ ハイブリッド開催のご案内《12月7日・東京》
ニュース
JT-KOHKA(3次元版)『ラーメン橋脚保耐法対応オプション』(連続高架橋の耐震設計支援プログラム)が2024年1月9日にリリース!