線形情報と構造物の部材寸法を入力することで、CADを全く使わずに、ポステン桁・プレテン桁のT桁橋とスラブ桁橋およびPCコンポ橋の上部工BIM/CIMモデル(詳細度200~300)を瞬時に自動生成するモデリングシステムです。豊富なデータ入力作業のサポート機能により効率よく生成できます。BIM/CIMモデルのエクスポート機能により、汎用CADや他社BIM/CIMソフトウェアへの連携が可能で、別途用意した下部工構造物や地形、周辺環境などのモデルとの統合が容易です。成果物の品質向上や関係者協議、合意形成の迅速化などが期待でき、維持管理用の上部工モデルとしてもご活用いただけます。

特長

T桁・スラブ桁・コンポ桁のモデリングが可能

T桁・スラブ桁・コンポ桁のモデリングが可能
  • ポステン桁・プレテン桁のT桁橋・スラブ桁橋、PCコンポ橋の上部工BIM/CIMモデルを自動生成できます。

線形入力機能で詳細度アップ

線形入力機能で詳細度アップ
  • BIM/CIMモデルの作成に必要な線形座標は、線形要素入力機能により「平面線形(XY座標)」⇒「床版上面高さ(Z座標)」(簡易)の手順で算出します。
  • 平面線形は、道路中心線の線形要素に径間を割り付け、橋面幅員の設定後に主桁、横桁を配置します。
  • 床版上面高さは、支点上横断または各横断の床版上面高さと勾配を入力することで、Z座標を補間計算します。
  • 詳細設計などで正確な路面線形が必要な場合は、別途線形計算した座標(X,Y,Z)を入力することもできます。

入力データの標準値設定機能で効率アップ

入力データの標準値設定機能で効率アップ
  • 入力データの自動設定機能や補助機能により、データ入力作業を必要最小限に抑えられ、モデル作成を効率化します。
    • 材料データ(コンクリート、PC鋼材)
    • 線形要素を考慮した主桁配置
    • 主桁形状寸法
    • 横桁・ダイヤフラム形状

豊富な確認図、チェック機能でミスを軽減

豊富な確認図、チェック機能でミスを軽減
  • 豊富な確認図により視覚的に入力データを確認することができ、入力ミスなどを軽減します。
    • 平面図、横断面図
    • 主桁側面図、横桁形状図
    • 鋼材配置図(主桁、横桁)
    • 確認図は、縦断・横断勾配を無視しているため、参考図扱いとなります。

設計データ連動でスピードアップ

設計データ連動でスピードアップ
  • PC-Navi(PC桁橋概略設計システム)、JIP-COMPO(PCコンポ橋設計システム)のデータを連動することで、BIM/CIMモデルの生成を更にスピードアップできます。

関連ニュース・イベント

新製品
設計情報属性ファイル交換標準(案)「数量編Ver1.0」対応"まてりあるEX"リリースのご案内
新製品
『PCaSlab-Layout』(プレキャスト床版割付決定支援システム)リリースのご案内
ニュース
製品・サービスの価格改定に関するお知らせ
セミナー
JT-KOHKA(3次元版)『ラーメン橋脚保耐法対応オプション』(連続高架橋の耐震設計支援プログラム)説明会開催のご案内《12月22日(金) オンライン》
セミナー
『OCF BIM/CIMセミナー2023』~BIM/CIM本格活用に向けてのOCFからの提案~ ハイブリッド開催のご案内《12月7日・東京》