鋼鈑桁橋・任意断面鋼箱桁橋専用の鋼橋製作情報トータルシステムです。工場製作のNC化、ロボット化などの自動化に柔軟に対応しつつ、原寸から部材切断、加工、組立、検査、仮組立までの工場製作工程に必要な製作情報をバッチ処理主体で高速に一貫処理を行います。

特長

入力支援システム(助SONⅡ)による簡単データ作成

mipson_01.png
  • 入力支援システムの助SONⅡを利用することによりデータ構成を意識することなく、図面から読み取った情報をEXCELシートに入力するだけで、ボタン一つで入力データが自動作成できます。
  • GUIを活用することで初心者でもマニュアルレスで容易にデータの作成が可能です。
  • 入力適応範囲はデータ全体をほぼカバーしています。

自動取り合い機能

mipson_02.png
  • 部材間の取り合い機能により部材寸法などが自動決定できます。
  • 部材種類数を集約するためのブロッキング、グルーピング、および数値のまるめ機能があります。
  • 橋軸、桁高方向の溶接収縮や上げ越しキャンバーの設定、および製作しろの付加機能が充実しています。

製作情報の豊富な出力

mipson_03.png
  • 図化出力
    骨組図、キャンバー図、ブロック配置図、部材配置図、板継・板取図、単品加工図、切抜き孔位置図などの出力が可能です。
  • リスト出力
    部材加工リスト、切断用・組立用調書リストなどの出力が可能です。
  • 検査資料出力
    仮組立検査寸法図、検査寸法リストなどの出力が可能です。
  • NCデータ
    XCLデータ(罫書、切断、孔明、剥離)、CLデータ(罫書、切断)、DLデータ(孔明)、FLデータ(溶接)、PLデータ(剥離)の出力が可能です。
  • 3次元形状ファイル
    KIFファイル(鋼橋仮組立シュミレーションシステム(MASSCOT)インターフェースファイル)の出力が可能です。

関連ニュース・イベント

ニュース
『平成29年道路橋示方書改定に関するWEBセミナー(有料)』サービス終了のお知らせ
ニュース
『PC-Navi(PC桁橋概略設計システム)』がバイプレストレッシング工法に対応!
ニュース
『平成29年道路橋示方書改定に関するWEBセミナー(有料)』の配信期間再延長!
ニュース
『BeCIM/MB』(鋼橋CIMモデリングシステム)がJTS@SPサービスに新登場!
ニュース
『BeCIM/MB』(鋼橋CIMモデリングシステム)がIFC検定に合格しました