プログラム

プログラムファイルを公開しています。インストールしてご使用ください。
起動には、専用のプロテクトキーとサブライセンスが必要です。

PCBOX-Ⅱを実行するためには、Microsoft .NET Framework 3.5 SP1が必要です。
Microsoft .NET Framework 3.5 SP1がインストールされていない場合、PCBOX-Ⅱのインストール時にMicrosoft社の Web サイトが開きますので、Web サイトの説明にしたがって.NET Frameworkをインストールしてください。

注意)Ver.3.XXは、有償バージョンアップになります。

  • 「プログラム」には「体験版」が含まれています。
内容バージョン更新日サイズ
PCBOX-Ⅱ
(H29道示対応版)
Ver.3.07 2020-09-17 16.3MB
(MSI形式)
Ver.3.07(2020-09-17)
[機能追加]
1. マニュアルがインストールされている場合に、[ヘルプ]メニューの[マニュアル一覧]からマニュアル一覧ウェブページを表示できるようにした。
2. プログラムの更新履歴を[ヘルプ]メニューの[更新履歴]から参照できるようにした。

[不具合]
1. 入力チェックリストの出力において、PC鋼材データの無効鋼材に入力不備があった場合に出力が異常終了する不具合を修正した。
2. 波形鋼板ウェブ橋で、全コンクリート断面がなく裏打ちコンクリート断面がある場合に結果集計表に斜引張応力度が出力されない不具合を修正した。
3. 結果集計表.CSVファイルの任意荷重ケースでケース番号9以降の橋脚断面力に正しくない値が出力されている不具合を修正した。
4. 床版厚を変化位置ごとに入力する場合で先頭データの床版厚が0.0のときに温度差なしとして処理されてしまう不具合を修正した。
5. 任意荷重ケース数が10を超えるときにPC鋼材応力度照査で異常終了する不具合を修正した。
6. 断面力図・応力度図の出力で、せん断照査が未実行のときに断面力図作図のみでもエラーとなる不具合を修正した。
7. 概算数量の出力で波形鋼板の重量/質量と単位の表記ミスを修正した。
8. 適用基準が平成29年道路橋示方書で任意組合せがあるときに、結果集計表の斜引張応力度の抽出で任意組合せケースが抽出されていない不具合を修正した。
9. 平成29年道路橋示方書で鉄筋拘束の影響を考慮するときに、「断面力入力データ」画面のケース名プルダウンリストに「鉄筋拘束」が欠落している不具合を修正した。

すべての更新履歴を見る

マニュアル

マニュアルを公開しています。インストールしてご使用ください。
インストールにはプログラムのライセンスが必要です。

内容バージョン更新日サイズ
マニュアル 第25版 2019-12-18 8.22MB
(EXE形式)