プログラム

プログラムファイルを公開しています。インストールしてご使用ください。

注意)Ver.2.XX、Ver.3.XXは、有償バージョンアップになります。

  • プログラムファイルには、解析モジュールは含まれていません。
  • 「プログラム」には「体験版」が含まれています。
内容バージョン更新日サイズ
プログラム2
(H29道示対応版)
Ver.3.01 2020-01-21 13.5MB
(EXE形式)
プログラム1
(H24道示対応版)
Ver.2.03 2020-01-21 13.5MB
(EXE形式)
Ver.3.01(2020-01-21)
0)計算全般
・単柱式橋脚の最大応答変位、残留変位の照査に用いる最大応答変位は、変位算出位置の応答値から基礎変位の影響分を引いた値を用いるように変更した。
・単柱式橋脚に初期偏心モーメントが作用する場合、水平変位の制限値、最大応答塑性率(残留変位算出用)の算出に初期変位を考慮するように変更した。
・アンカー耐力の特性値の算出に道路橋示方書・同解説Ⅴ耐震設計編に規定される応力-ひずみ曲線を用いるように変更した。従来は道路橋示方書・同解説Ⅲコンクリート橋編に規定される応力-ひずみ曲線を用いていた。
・TDAPⅢ64bit版と連動できるようにした。
1)入力
・計算実行‐静的解析画面において、橋脚形状タイプが門型または任意形状の場合、プッシュオーバー解析時の支持条件は、固有周期算出用のばね支持、固定から選択できるようにした。従来は固定として計算していた。

すべての更新履歴を見る
(※ Ver.2.03以降のVer.2プログラムの更新履歴はこちら

マニュアル

内容バージョン更新日サイズ
入力マニュアル
(H29道示対応版)
第10版 2020-01-21 1.77MB
(PDF形式)
入力マニュアル
(H24道示対応版)
第8a版 2020-01-21 1.78MB
(PDF形式)