張出施工、分割施工、一括施工によるPC・PRC連続桁橋およびラーメン橋の詳細設計(断面力解析、設計計算)が行えます。道路橋示方書・同解説Ⅲコンクリート橋・コンクリート部材編、設計要領 第二集に基づいた設計が可能です。また、豊富な確認図により、視覚的に確認しながら入力作業が行えます。

機能&特長

全般
  • 強力な入力インターフェースによりデータ入力を容易に行え、検討計算から詳細設計の大幅な効率アップが可能です。
  • 道路橋示方書(平成29年11月~昭和53年1月)、設計要領第二集(平成26年7月~平成2年7月)に準拠しているため、既設橋の復元設計にもご利用いただけます。
  • PC・PRC橋の概略自動設計(PCBOX-ISLAND-2)からの連動、連続高架橋の耐震設計支援プログラム(JT-KOHKA)へのデータ受け渡しが可能です。
橋梁形式
  • コンクリート断面(ラーメン橋、連続桁橋、単純桁橋)の箱桁橋、波形鋼板ウェブ橋、多主版桁橋※1、中空床版橋を対象とします。
  • PC構造、PRC構造(設計要領第二集のみ)に対応しています。
  • 張出施工、分割施工、一括施工に対応しています。
  • PC鋼材は内ケーブル、外ケーブル、内外ケーブル併用に対応しています。
  • V型、Y型の橋脚に対応しています。
入力
  • 豊富な確認図により、入力と同時に側面図、骨組図、断面図、架設ステップ図、PC鋼材配置等を視覚的に確認できます。
  • クリープ係数、乾燥収縮度は内部計算のほか、施工ステップ毎に入力できます。
  • 格点、支点、施工ステップに名称を付け、各種データの関連性を持たせることで、データの変更作業を効率的に行えます。
計算結果
  • 断面力、応力度のCSVファイルへの出力が可能です。
  • 側面図、骨組図、断面図、架設ステップ図、PC鋼材配置、断面力図、応力度図のDXFファイルへの出力が可能です。
計算内容
  • 合成曲げ応力度、曲げ破壊安全度、平均せん断応力度、斜引張応力度、圧壊耐力、斜引張破壊耐力の照査が行えます。PRC桁については、RC断面計算、曲げひび割れ幅に対する照査が行えます。
  • 波形鋼板ウェブ橋は座屈照査※2、裏打ちコンクリートの照査が行えます。
  • 上越し計算が行えます。
  • 中空床版橋は、オルゼン分配係数を内部計算できます。
適用基準及び参考文献 道路橋示方書・同解説Ⅰ共通編(平成29年11月~昭和53年1月)
道路橋示方書・同解説Ⅲコンクリート橋・コンクリート部材編(平成29年11月~昭和53年1月)
設計要領 第二集 橋梁設計編(平成26年7月~平成2年7月)
  1. 1主桁のみの計算となり、全体構造解析ではありません。
    橋面荷重、活荷重などの断面力は別途、格子解析を行う必要があります。
  2. 適用基準「道路橋示方書(平成29年11月)」には対応していません。
    計算例、手引き等の発刊後に検討・対応予定です。

適用範囲

径間数 30径間
内室数 3室
ボイド数 40個
主桁格点数※3 500格点
橋脚格点数※3 30格点/本
架設ステップ数 500ステップ
  1. 構造系完成時の格点数は主桁と橋脚の合計で800格点となります。

関連ニュース・イベント

ニュース
『平成29年道路橋示方書改定に関するWEBセミナー(有料)』の配信期間再延長!
ニュース
『BeCIM/MB』(鋼橋CIMモデリングシステム)がJTS@SPサービスに新登場!
ニュース
『BeCIM/MB』(鋼橋CIMモデリングシステム)がIFC検定に合格しました
ニュース
『平成29年道路橋示方書改定に関するWEBセミナー(有料)』の配信期間延長!
ニュース
HyBRIDGE『平成29年道路橋示方書』対応版リリースのご案内