任意形平面骨組み解析プログラムを基礎として、任意形状のプレストレストコンクリート橋(斜張橋、エクストラドーズド橋、アーチ橋、斜版橋、分岐桁橋梁、合成桁橋梁など)を対象とし、詳細設計(断面力解析、設計計算)が行えます。施工段階を追った断面力解析、クリープ・乾燥収縮計算、プレストレス計算を行い、断面力および応力度を任意の組合せで集計が可能です。

特長

任意の平面骨組み形状、任意の分割施工に対応

acostra_01.png
  • PC、PRC構造の連続・ラーメン橋の他、斜張橋、アーチ橋、斜版橋など任意構造の解析、設計計算が行えます。
  • 断面の形状パターンをユーザが定義することができるため、さまざまな橋種に対応しています。
  • 合成断面、プレキャストウェブ断面の解析が可能です。
  • 鋼とコンクリートの複合構造の解析が可能です。

テキスト形式による入力データと出力帳票が可能

acostra_02.png
  • 入力データはテキスト形式で入力説明書のデータフォーマットに従い作成します。
  • 結果帳票もテキスト形式となります。

骨組み図、断面力図、応力度図をDXFファイルに出力が可能

acostra_03.png
  • 骨組み図、断面力図、応力度図をDXFファイルに出力が可能です。

関連ニュース・イベント

ニュース
『平成29年道路橋示方書改定に関するWEBセミナー(有料)』サービス終了のお知らせ
ニュース
『PC-Navi(PC桁橋概略設計システム)』がバイプレストレッシング工法に対応!
ニュース
『平成29年道路橋示方書改定に関するWEBセミナー(有料)』の配信期間再延長!
ニュース
『BeCIM/MB』(鋼橋CIMモデリングシステム)がJTS@SPサービスに新登場!
ニュース
『BeCIM/MB』(鋼橋CIMモデリングシステム)がIFC検定に合格しました