鋼桁橋設計システム(HyBRIDGE/設計)より線形データと設計データを連動し、スピーディーに鈑桁の図面ファイルと材料データを作成するシステムです。

機能&特長

  • コンクリート系床版を有するI桁に対応しています。
  • 主桁高を桁上縁高と桁下縁高との差から算出するため、あらゆる桁高変化への対応が可能です。
  • H形鋼横桁に対応しています。
  • 線形・設計データから、情報を取り込むことで膨大な製図データを短時間で作成することが可能です。
  • 入力されたデータはリアルタイムで図化していますので、入力、作図の繰り返し作業が容易に行えます。
  • 連結位置において、溶接継手とボルト継手の混在が可能です。
  • フランジ板厚差の逃げ方向は、上下フランジ内逃げ、外逃げの自由な組合せが可能です。
  • 図面ファイルは、国土交通省CAD製図基準(案)に準拠したDXFファイルへの出力が可能です。
  • 対応形式
    • RC床版非合成I桁
    • RC床版合成I桁
  • 適用基準及び参考文献
    • 道路橋示方書・同解説Ⅰ共通編(平成29年11月)
    • 道路橋示方書・同解説Ⅱ鋼橋・鋼部材編(平成29年11月)

適用範囲

主桁本数 10主桁
径間数 20径間
横断数 200横断
断面数 150断面
横継手数 149継手
水平補剛材段数(主桁) 3段
水平補剛材段数(横桁) 2段
垂直補剛材割数 10分割

関連ニュース・イベント

ニュース
『平成29年道路橋示方書改定に関するWEBセミナー(有料)』サービス終了のお知らせ
ニュース
『PC-Navi(PC桁橋概略設計システム)』がバイプレストレッシング工法に対応!
ニュース
『平成29年道路橋示方書改定に関するWEBセミナー(有料)』の配信期間再延長!
ニュース
『BeCIM/MB』(鋼橋CIMモデリングシステム)がJTS@SPサービスに新登場!
ニュース
『BeCIM/MB』(鋼橋CIMモデリングシステム)がIFC検定に合格しました