河川用ゲートの診断結果に基づき、複数施設・設備の対策シナリオ作成、任意評価期間のライフサイクルコストの算出、対策実施時期の変更など、多彩な機能で長寿命化計画の策定を強力に支援します。

特長

施設・構成要素の入力

chojuro_gt_01.png
  • 施設種別(ローラーゲート、スライドゲート、起伏ゲート、ポンプ)を選択するだけで対応する構成要素を簡単に登録できます。また、リストにない構成要素の追加も可能です。

シナリオ別劣化予測

chojuro_gt_02.png
  • 複数シナリオの登録が可能です。
  • 複数シナリオから、コストの最も低いシナリオを自動で選択します。
    (変更も可能)

予算平準化と同期化

chojuro_gt_03.png
  • 機械電気設備と土木構造物を併せた長期保全計画表を簡単に作成します。
  • 複数施設(水門と機場)を合せた長期保全計画表及び、優先度、予算制約を考慮した平準化や手動での対策時期の同期化も可能です。

関連ニュース・イベント

イベント
『社会インフラテック2019』出展のお知らせ《12月4日~6日・東京》
イベント
『建設技術展2019近畿』出展のお知らせ《10月23日~24日・大阪》
イベント
『建設技術フェア2019in中部』出展のお知らせ《10月16日~17日・名古屋》
イベント
『第11回 インフラ検査・維持管理展』出展のお知らせ《7月24日~26日・東京》
イベント
『建設技術公開 EE東北'19』出展のお知らせ《6月5日~6日・仙台》