農業水利施設の機能診断結果に基づき、複数の機能保全シナリオの作成、劣化メカニズムに応じた対策の選定、任意評価期間の機能保全コストの算出、対策実施時期の変更機能などにより、機能保全計画の策定を強力に支援します。

特長

複数の劣化モデル設定や多彩なシナリオ作成が可能

chojuro_ag_01.png
  • 複数の劣化モデル(マルコフ連鎖、単一劣化、耐用年数)を設定できます。
  • 対策実施時期や対策工法、対策後の回復健全度等が自由に設定でき、多彩なシナリオが作成できます。

施設毎、グループ毎に劣化曲線を描画可能

chojuro_ag_02.png
  • 施設毎、グループ毎に劣化曲線の計算結果を表示できます。
  • 機能保全計画書の様式に劣化曲線の出力が可能です。

施設毎、グループ毎に機能保全コストの算出可能

chojuro_ag_03.png
  • 施設毎、グループ毎に機能保全コストの算出、グラフ表示ができます。
  • 機能保全計画書の様式に機能保全コストのグラフ、表を出力できます。

計算実行後に対策時期の調整が可能

chojuro_ag_04.png
  • 対策実施時期の変更機能により、対策実施の同期化や、予算の平準化が容易に行えます。

関連ニュース・イベント

イベント
『JTS Tech Conference 2021』開催のご案内《11月9日・オンライン》
ニュース
当社がIT導入補助金の2021年度IT導入支援事業者として認定されました
ニュース
『DRIMS®』 国土交通省の報道発表資料 「地方自治体に向けた維持管理への新技術導入の手引き(案)を作成しました」に掲載されました
ニュース
IT導入補助金の2020年度IT導入支援事業者として認定されました
イベント
『社会インフラテック2019』出展のお知らせ《12月4日~6日・東京》