道路橋示方書・同解説Ⅰ共通編、Ⅱ鋼橋・鋼部材編、Ⅲコンクリート橋・コンクリート部材編に基づき、鋼少数主桁形状のプレートガーダー橋に用いるPC床版の橋軸方向および橋軸直角方向の設計が行えます。なお、本プログラムでは橋軸直角方向をPC・PRC構造、橋軸方向をRC構造として設計される床版を示します。
※ 現在はPC構造のみ対応しています。PRC構造については今後検討・対応予定です。

機能&特長

単位系 SI単位系のみ
床版形式 場所打ちPC床版、プレキャストPC床版
計算 橋軸方向は応力度照査、RC継手照査、中間支点上曲げひび割れ照査
橋軸直角方向は死荷重断面力計算(FRAME)、不静定2次力計算、プレストレス計算、合成応力度照査、曲げひび割れ幅照査、引張鉄筋量の計算、破壊抵抗曲げモーメント照査
鉄筋拘束力の算出 コンクリート標準示方書に基づき算出
床版下面形状 床版厚一定の直線形状(片持部、ハンチ部除く)、放射線(アーチ)
概算数量の帳票出力 コンクリート体積、型枠面積(場所打ち)、PC鋼材延長
異形版形状の設計 左右床版幅の異なる形状
緊張方向 一方向緊張(左引き/右引き/交互引き)
主桁形状 鈑桁、開断面箱桁(中間支点上断面のひび割れ照査時)
適用基準及び参考文献 道路橋示方書・同解説Ⅰ共通編(平成29年11月)
道路橋示方書・同解説Ⅱ鋼橋・鋼部材編(平成29年11月)
道路橋示方書・同解説Ⅲコンクリート橋・コンクリート部材編(平成29年11月)
コンクリート標準示方書 設計編(平成14年3月)
道路橋用プレキャスト床版 設計・製造便覧(平成16年7月)
PC床版設計・施工マニュアル(案)(平成11年5月)
PC床版設計の手引き(平成24年10月)
  • 床版の設計曲げモーメント
    死荷重は設計要領第二集(東・中・西日本高速道路株式会社)に基づき、固定梁及び連続梁にモデル化したFRAME計算にて算出します。回転バネ拘束モデルにも対応しています。また、活荷重は道路橋示方書Ⅲに基づいて算出します。ユーザ定義の活荷重曲げモーメント式あるいは直接曲げモーメント値を入力することも可能です。
  • データの入力
    分かり易いモデル図や、リアルタイムに切り替わる確認図を見ながら簡単でスピーディーな入力が行えます。また、マウス操作による簡単操作で、PC鋼材配置や断面照査位置の指定が可能です。
  • 間詰め部有効高さの自動算出
    プレキャストPC床版における間詰め部有効高さを、引張域(-3N/mm2)を考慮した計算により自動算出します。このとき、間詰部の鉄筋配置を任意に指定可能です。
  • 片持ち版端部の計算
    片持ち版端部の設計に対応し、T荷重による曲げモーメントの2倍を考慮することが可能です。
  • プレキャストPC床版のポステン鋼材対応
    プレキャストPC床版でポステン鋼材を使用した設計が可能です。
    また、プレテン鋼材とポステン鋼材を併用した設計も可能です。
  • プレキャストPC床版の架設時検討
    プレキャストPC床版の架設時の検討(吊り上げ時検討)が可能です。
  • SLJスラブ工法
    オリエンタル白石株式会社のSLJスラブ工法に対応しています。
    オリエンタル白石株式会社『SLJスラブ工法』(外部リンク)

適用範囲

主桁本数(鈑桁) 10主桁
主桁本数(箱桁) 5主桁
照査断面数 無制限

関連ニュース・イベント

ニュース
『JT-KOHKA(連続高架橋の耐震設計支援プログラム) Ver12』リリースのご案内
ニュース
新製品『BeCIM/CB』(PC桁橋CIMモデリングシステム)の期間限定無料サービス開始!
ニュース
『平成29年道路橋示方書改定に関するWEBセミナー(有料)』サービス終了のお知らせ
ニュース
『PC-Navi(PC桁橋概略設計システム)』がバイプレストレッシング工法に対応!
ニュース
『平成29年道路橋示方書改定に関するWEBセミナー(有料)』の配信期間再延長!