道路橋示方書・同解説Ⅰ共通編、Ⅱ鋼橋・鋼部材編、Ⅲコンクリート橋・コンクリート部材編に基づき、鋼少数主桁形状のプレートガーダー橋に用いるPC床版の橋軸方向および橋軸直角方向の設計が行えます。なお、本プログラムでは橋軸直角方向をPC・PRC構造、橋軸方向をRC構造として設計される床版を示します。
※ 現在はPC構造のみ対応しています。PRC構造については今後検討・対応予定です。

特長

各種床版形式に対応

jsp_06w_01.png
  • 鋼桁に用いられる場所打ちPC床版及びプレキャストPC床版の設計ができます。

豊富な確認図で作業をスムーズに

jsp_06w_02.png
  • データ入力は、分かり易いモデル図や、リアルタイムに切り替わる確認図を見ながらスムーズに行えます。
  • マウスの操作によりPC鋼材配置、断面照査位置の指定が容易に行えます。

さまざまな出力を成果物のまとめに活用

jsp_06w_03.png
  • PC鋼材応力度の摩擦およびセットによる減少量が図で確認でき、帳票出力にも対応しています。
  • 断面力、断面定数、合成応力度等の一覧表が確認でき、CSVファイルにも出力が可能です。

関連ニュース・イベント

ニュース
『平成29年道路橋示方書改定に関するWEBセミナー(有料)』サービス終了のお知らせ
ニュース
『PC-Navi(PC桁橋概略設計システム)』がバイプレストレッシング工法に対応!
ニュース
『平成29年道路橋示方書改定に関するWEBセミナー(有料)』の配信期間再延長!
ニュース
『BeCIM/MB』(鋼橋CIMモデリングシステム)がJTS@SPサービスに新登場!
ニュース
『BeCIM/MB』(鋼橋CIMモデリングシステム)がIFC検定に合格しました