張出施工、分割施工、一括施工によるPC連続橋およびラーメン橋の概略設計(断面力解析、設計計算、数量計算、概算工事費の計算)を一貫して行えます。豊富な自動決定機能を活用することでデータ入力作業の効率化が可能であり、橋種選定などの予備・概略設計計算を行う場合に大きな効果を期待できます。

機能&特長

全般
  • 豊富な自動設定機能を活用することでデータ入力を容易に行え、概略設計の大幅な効率アップが可能です。
  • 道路橋示方書・同解説Ⅰ共通編、Ⅲコンクリート橋・コンクリート部材編(平成29年11月)に対応しています(現在はPC構造のみ対応)※1
  • 入力と同時に形状を視覚的に確認できます。
  • 面倒なPC鋼材配置の自動決定が可能です。
  • 断面力、設計計算結果、数量総括のCSVファイルへの出力が可能です。
  • 断面図、骨組図等のDXFファイルへの出力が可能です。
  • PC・PRC橋の詳細設計システム(PCBOX-Ⅱ)への連動が可能です。
橋梁形式
  • コンクリート断面(ラーメン橋、連続桁橋、単純桁橋)の箱桁、中空床版、多主版桁、波形鋼板ウェブ桁※2を対象とします。
  • 幅員変化に対応しています。
  • 張出施工、分割施工、一括施工に対応しています。
  • PC鋼材は内ケーブル、外ケーブル、内外ケーブル併用に対応しています。
  • 桁高、ウェブ厚、下床版厚を任意に変化させることができます。
入力
  • 各種技術資料に従い、桁高、断面寸法、張出架設時のブロック割、架設ステップ、架設機材などの自動設定が行えます。自動設定後に変更、入力も可能です。
  • ワーゲンによる施工ブロック許容断面積など入力を補助する図表を表示でき、入力が適切であることをその場で確認できます。
  • 分割施工の時はクリープ係数、乾燥収縮度を施工ステップ毎に入力できます。
  • PC鋼材配置、鉄筋配置を入力できます。
計算結果
  • 断面力、応力度など主要な結果は画面上の表で確認でき、制限値オーバーは赤色で表示されます。
  • 設計条件、各種確認図、 断面力計算結果、断面力図、設計計算結果、数量・工費など多様な帳票出力に対応しています。計算書は分割出力できます。
  • 主要断面の計算結果をまとめた「断面総括表」の出力が可能です。
  • 数量計算の内訳を出力できます。
計算内容
  • 3断面力(面内曲げ、せん断、軸力)による設計計算が行えます。
  • 多主版桁の解析には格子解析を使用しています。
  • 中空床版の時、オルゼン分配係数を計算できます。
  • 波形鋼板ウェブは曲げの照査のみとなります。
  • 2次力の繰返し計算により自動的にPC鋼材量を算出します。
  • 指定された鉄筋配置による鉄筋拘束力を算出し死荷重として扱います。
  • 曲げに対する引張鉄筋量を算出し、指定された鉄筋量と比較照査します。
  • 曲げ破壊安全度、圧壊耐力、斜引張応力度の照査までが行えます。
  • 設計計算から連動して数量・概算工事費を算出します。
適用基準及び参考文献
  • 道路橋示方書・同解説Ⅰ共通編(平成29年11月)
  • 道路橋示方書・同解説Ⅲコンクリート橋・コンクリート部材編(平成29年11月)
  • PC道路橋計画マニュアル(平成9年3月)
  1. PRC構造で設計を行う場合は、Ver.4.XXをご利用ください。
    ただし、適用基準は平成24年道路橋示方書になります。
  2. 波形鋼板ウェブ桁の座屈照査は、計算例、手引き等の発刊後に検討・対応予定です。

適用範囲

径間数 20径間
内室数 10室
ボイド数 40個
主版数 10主版
主桁格点数※3 500格点
柱分割数 30分割
架設ステップ数 30ステップ
  1. 多主版桁の主桁格点数は1主桁当り200格点までとなります。

関連ニュース・イベント

イベント
『JTS Tech Conference 2021』開催のご案内《11月9日・オンライン》
ニュース
『JT-KOHKA(連続高架橋の耐震設計支援プログラム) Ver12』リリースのご案内
ニュース
新製品『BeCIM/CB』(PC桁橋CIMモデリングシステム)の期間限定無料サービス開始!
ニュース
『平成29年道路橋示方書改定に関するWEBセミナー(有料)』サービス終了のお知らせ
ニュース
『PC-Navi(PC桁橋概略設計システム)』がバイプレストレッシング工法に対応!