プログラム

プログラムファイルを公開しています。インストールしてご使用ください。
インストールにはプログラムのライセンスが必要です。
なお、マニュアルはプログラムと一緒にインストールされます。

注意) Ver.2.XX、Ver.3.XXは、有償バージョンアップになります。

内容バージョン更新日サイズ
プログラム2
(H29道示対応版)
Ver.3.04 2020-03-30 10.9MB
(EXE形式)
プログラム1
(H24道示対応版)
Ver.2.03 2014-01-01 5.12MB
(EXE形式)
Ver.3.04(2020-03-30)
・偶発地震の荷重ケースとわかりやすいように「⑪D+E2」→「⑪D+L2」の表示にした。
・剪断応力度の足し合わせの説明を変更した。
新) [x 剪断応力度は符号を考慮して足し合わせる]
旧) [x 剪断応力度の符号を考慮する(通常考慮しない)]
・プリント出力に「応答値最大応力度」を追加した。
・プリント出力に「二軸照査用主桁応力度」を追加した。
二軸照査用の出力ケース分けを追加した。主桁のみなので二軸照査自体は行えない。
制限値の係数の違う①~⑨,⑩,⑪,⑫で分ける。
ただし⑪で⑫の制限値にするオプション(b12as11)がオンのときは⑪と⑫をまとめる。
・継手位置を想定した応力度総括表(応答値で抽出)の出力を追加した。
・I桁の下フランジの板幅の入力欄を追加した。
・MAXMAXのときLVとTHを含むケース⑤⑦はTHの加算は横並びの2ケースでなく±の4ケースとした。
M-MAXのときは組合せケース数の爆発を抑えるため横並びで加算する。
・縦リブの応力度照査で応答値が引張のときは全強の表示に変更した。

すべての更新履歴を見る

マニュアル

内容バージョン更新日サイズ
インストールガイド
(H29道示対応版)
3.00対応 2018-11-09 240KB
(PDF形式)