鋼鈑桁・任意断面鋼箱桁橋製作情報処理システム(MIPSON)、任意形薄肉鋼構造物製作情報処理システム(MASTERSON)が持つ3次元座標データを利用し、部材組立や仮組立に必要な帳票を出力するシステムです。

特長

製作情報システムとの情報連携が可能

a_sys_01.png
  • 鋼鈑桁・任意断面鋼箱桁橋製作情報処理システム(MIPSON)、任意形薄肉鋼構造物製作情報処理システム(MASTERSON)との情報連携により、精度の高い3次元座標データを用いて処理を行います。
  • 構造認識機能により最小の設定作業で、各種帳票出力が可能です。

多彩な幾何学計算機能

a_sys_02.png
  • 正組立、倒立組立、溶接前寸法、溶接後寸法を考慮したブロック組立て寸法計算(箱桁)が扱えます。
  • 現場溶接を考慮した仮組座標計算が扱えます。
  • 計測ポイント座標のオフセット計算(ブロック両端、支点上断面)が扱えます。

豊富な帳票出力が可能

a_sys_03.png
  • 箱組立寸法図、仮組立座標、受台配置図、仮組立検査寸法図、出来形管理図などの帳票出力が可能です。
  • 仮組立形状の3次元DXFファイル、仮組立規定値計算根拠の出力が可能です。
  • 各種帳票は編集の容易なEXCELファイルに出力が可能です。

関連ニュース・イベント

新製品
設計情報属性ファイル交換標準(案)「数量編Ver1.0」対応"まてりあるEX"リリースのご案内
ニュース
『第12回JTS製作システムユーザ会』を2024年6月7日に開催いたしました
新製品
『PCaSlab-Layout』(プレキャスト床版割付決定支援システム)リリースのご案内
ニュース
製品・サービスの価格改定に関するお知らせ
セミナー
JT-KOHKA(3次元版)『ラーメン橋脚保耐法対応オプション』(連続高架橋の耐震設計支援プログラム)説明会開催のご案内《12月22日(金) オンライン》