鋼鈑桁・任意断面鋼箱桁橋製作情報処理システム(MIPSON)、任意形薄肉鋼構造物製作情報処理システム(MASTERSON)が持つ3次元座標データを利用し、部材組立や仮組立に必要な帳票を出力するシステムです。

特長

製作情報システムとの情報連携が可能

a_sys_01.png
  • 鋼鈑桁・任意断面鋼箱桁橋製作情報処理システム(MIPSON)、任意形薄肉鋼構造物製作情報処理システム(MASTERSON)との情報連携により、精度の高い3次元座標データを用いて処理を行います。
  • 構造認識機能により最小の設定作業で、各種帳票出力が可能です。

多彩な幾何学計算機能

a_sys_02.png
  • 正組立、倒立組立、溶接前寸法、溶接後寸法を考慮したブロック組立て寸法計算(箱桁)が扱えます。
  • 現場溶接を考慮した仮組座標計算が扱えます。
  • 計測ポイント座標のオフセット計算(ブロック両端、支点上断面)が扱えます。

豊富な帳票出力が可能

a_sys_03.png
  • 箱組立寸法図、仮組立座標、受台配置図、仮組立検査寸法図、出来形管理図などの帳票出力が可能です。
  • 仮組立形状の3次元DXFファイル、仮組立規定値計算根拠の出力が可能です。
  • 各種帳票は編集の容易なEXCELファイルに出力が可能です。

関連ニュース・イベント

ニュース
『平成29年道路橋示方書改定に関するWEBセミナー(有料)』サービス終了のお知らせ
ニュース
『PC-Navi(PC桁橋概略設計システム)』がバイプレストレッシング工法に対応!
ニュース
『平成29年道路橋示方書改定に関するWEBセミナー(有料)』の配信期間再延長!
ニュース
『BeCIM/MB』(鋼橋CIMモデリングシステム)がJTS@SPサービスに新登場!
ニュース
『BeCIM/MB』(鋼橋CIMモデリングシステム)がIFC検定に合格しました