部材計測データを基に鋼橋構成ブロックをコンピュータ上で数値連結し、規定形状との照合、照査を行いながら、仮組立状態を検査するシミュレーションシステムです。従来の仮組立ヤードにおける実仮組立に代わる仮組立代替工法として位置付けられます。

特長

製作情報システムとデータ連携した計測管理機能

masscot_01.png

鋼鈑桁・任意断面鋼箱桁橋製作情報処理システム(MIPSON)、任意形薄肉鋼構造物製作情報処理システム(MASTERSON)とデータ連携した各種の計測管理ができます。

  • 橋梁形状、シミュレーション方法に応じた計測位置の選択機能
  • 計測指示図の出力機能
  • 計測現場でのチェック機能
  • 計測システムとのインターフェース機能

部材精度関連帳票の出力が豊富

masscot_02.png

豊富な部材精度関連帳票の出力が可能です。

  • 施主規定の部材精度適合条件(許容値)の設定機能
  • 各種ブロック寸法図(I桁、箱桁、横桁、対傾構、ブラケット)
  • 各種ブロック照査図(仕口、垂直補剛材、縦リブ)

数値仮組シミュレーション機能の充実

masscot_03.png

数値仮組シミュレーション機能は、バッチ処理による自動調整機能と、会話形式による主桁部材の調整機能、主桁、横部材、その他部材の隙間照査が行えます。

  • 部材連結の合せ基準点の選択
  • 範囲の指定による部分配置
  • バッチ処理による自動調整
  • 会話による主桁部材の調整
  • 主桁-横部材連結孔位置の指定
  • デフォルメした図による状態表示

数値仮組立精度関連帳票の出力機能が充実

masscot_04.png

豊富な数値仮組立精度関連帳票の出力機能が充実しています。

  • 施主規定の組立精度適合条件(許容値)の設定
  • 全長寸法図、支間長寸法図、平面対角長寸法図
  • 主桁高さ寸法図、フランジ幅寸法図
  • 主桁中心間隔寸法図
  • 主桁鉛直度寸法図
  • フランジ直角度寸法図
  • 主桁のそり寸法図、主桁の通り寸法図、主桁出入り差寸法図
  • 支点の橋軸方向回転量寸法図
  • 現場継手部の桁高相対誤差、現場継手部のフランジ幅相対誤差
  • 現場継手部の隙間

主桁添接板後孔加工情報の出力が可能

masscot_05.png

主桁添接板加工図とNCデータ(CL、DL)の出力が可能です。

関連ニュース・イベント

イベント
『JTS Tech Conference 2021』開催のご案内《11月9日・オンライン》
ニュース
『JT-KOHKA(連続高架橋の耐震設計支援プログラム) Ver12』リリースのご案内
ニュース
新製品『BeCIM/CB』(PC桁橋CIMモデリングシステム)の期間限定無料サービス開始!
ニュース
『平成29年道路橋示方書改定に関するWEBセミナー(有料)』サービス終了のお知らせ
ニュース
『PC-Navi(PC桁橋概略設計システム)』がバイプレストレッシング工法に対応!