橋梁の定期点検要領に沿った目視点検業務を支援するものです。展開図作成、損傷データの記録、点検後のデータまとめ作業を効率的に行うことができます。

特長

橋梁諸元の入力で点検下図の作成が可能

kyoshiro_01.png
  • 点検下図の作成方法は、諸元の簡易入力/詳細入力/外部ファイル取り込み(DXF、JPEG形式)の3つから選択できます。

部材番号図、要素番号図作成の効率化

kyoshiro_02.png
  • 簡単なマウス操作により部材番号図と要素番号図を短時間で作成できます。

損傷図作成、損傷写真整理の効率化

kyoshiro_03.png
  • お絵かき感覚で損傷状況をスケッチできるため、点検情報の入力が簡単です。
  • 特殊な旗上げ線形式にも対応しています。
  • 損傷写真をドラッグ&ドロップで損傷と関連付けでき、写真番号の一括振り直し機能を使えば、写真番号の整合性を気にする必要がなります。

橋梁定期点検要領 平成26年6月の点検調書出力

kyoshiro_04.png
  • 橋梁定期点検要領 平成26年6月(国土交通省)の点検調書をMicrosoft Excel形式で出力が可能です。

関連ニュース・イベント

イベント
『JTS Tech Conference 2021』開催のご案内《11月9日・オンライン》
ニュース
当社がIT導入補助金の2021年度IT導入支援事業者として認定されました
ニュース
『DRIMS®』 国土交通省の報道発表資料 「地方自治体に向けた維持管理への新技術導入の手引き(案)を作成しました」に掲載されました
ニュース
IT導入補助金の2020年度IT導入支援事業者として認定されました
イベント
『社会インフラテック2019』出展のお知らせ《12月4日~6日・東京》