道路橋示方書・同解説Ⅰ共通編、Ⅱ鋼橋・鋼部材編に基づき、縦リブ、横リブ、鋼床版の設計を自動的に行います。断面力算出の解析方法は、有限帯板法(FSM)により計算します。

機能&特長

  • 級数展開次数及び連成項数を複数ケース入力でき、連続計算した結果を一覧表表示及びグラフ表示することにより比較検討することが可能です。
  • マウス操作により簡単に荷重載荷データが作成できます。
  • 活荷重の載荷及び着目点の決定を自動で行えます。
  • 中央分離帯幅、地覆幅を考慮したT荷重の自動載荷が可能です。
  • 任意の着目点の変位及び断面力の算出ができます。
  • 縦リブの母材及び溶接部の疲労照査が可能です。
  • 横リブ継手、補剛材の自動決定が可能です。
  • 確認図によりリアルタイムに入力モデルの確認が行えます。
  • 適用基準及び参考文献
    • 道路橋示方書・同解説Ⅰ共通編(平成29年11月)
    • 道路橋示方書・同解説Ⅱ鋼橋・鋼部材編(平成29年11月)

適用範囲

級数展開次数 50
連成項数
(片持部のみ)
10
計算ケース数 10ケース
縦リブ数 79本
横リブ数 21本
横リブのタイプ数 10タイプ
着目点数 30点
荷重載荷数 50個
基本荷重数 30ケース

関連ニュース・イベント

ニュース
『JT-KOHKA(連続高架橋の耐震設計支援プログラム) Ver12』リリースのご案内
ニュース
新製品『BeCIM/CB』(PC桁橋CIMモデリングシステム)の期間限定無料サービス開始!
ニュース
『平成29年道路橋示方書改定に関するWEBセミナー(有料)』サービス終了のお知らせ
ニュース
『PC-Navi(PC桁橋概略設計システム)』がバイプレストレッシング工法に対応!
ニュース
『平成29年道路橋示方書改定に関するWEBセミナー(有料)』の配信期間再延長!