道路橋示方書・同解説Ⅴ耐震設計編に基づき、鋼製橋脚断面のM-φ計算を行うプログラムです。断面形状を選択し、断面寸法、コンクリート充填の有無、軸力の必要最小限のデータを設定することにより、簡単にM-φが算出できます。

製品価格(税込)

  • 本体価格

    使用許諾料
    (必須)
    55,000円(1ライセンス)
  • 追加ライセンス料
    33,000円(1ライセンス)

ライセンスとは、LAN運用時に同時に運用できる制限数を指します。

  • 1ライセンスでは、同時運用台数:1台
  • 2ライセンスでは、同時運用台数:2台

動作環境

OS Windows 8.1/10
対応機種
(パソコン本体)
上記日本語OSが稼働するパーソナルコンピュータ
  • Windows 8.1では、WinHelpが標準ではインストールされないため、ヘルプを利用するためには追加モジュールをインストールする必要があります。
  • Windows 10でWinHelpが未対応となったため、ヘルプは表示できません。

関連ニュース・イベント

イベント
『JTS Tech Conference 2021』開催のご案内《11月9日・オンライン》
セミナー
『オンラインイベント:JT-KOHKAver12新機能説明会』開催のご案内《5月25日・5月26日》
ニュース
『JT-KOHKA(連続高架橋の耐震設計支援プログラム) Ver12』リリースのご案内
ニュース
新製品『BeCIM/CB』(PC桁橋CIMモデリングシステム)の期間限定無料サービス開始!
ニュース
『平成29年道路橋示方書改定に関するWEBセミナー(有料)』サービス終了のお知らせ