道路橋示方書・同解説Ⅴ耐震設計編に基づき、鋼製橋脚断面のM-φ計算を行うプログラムです。断面形状を選択し、断面寸法、コンクリート充填の有無、軸力の必要最小限のデータを設定することにより、簡単にM-φが算出できます。

機能&特長

単位系 SI単位系のみ
断面形状 矩形、円形
コンクリート充填 充填しない、充填する
適用基準及び参考文献 道路橋示方書・同解説Ⅰ共通編(平成29年11月)
道路橋示方書・同解説Ⅱ鋼橋・鋼部編(平成29年11月)
道路橋示方書・同解説Ⅴ耐震設計編(平成29年11月)
  • 入力画面が非常にシンプルで分かり易いので、簡単にデータ作成ができます。
  • 道路橋示方書・同解説Ⅴ耐震設計編(平成29年11月)(以下、道示Ⅴ)に基づき、鋼製橋脚断面のM-φを計算します。
  • RF、N/Ny、rl/rl*、Rtを算出するので、道示ⅤP226~228に記されている許容ひずみεa算出式の適用範囲を簡単に確認できます。
  • 矩形断面の場合は、縦リブの必要剛度も算出します。
  • 断面形状を画面で確認できるので簡単に入力データを確認できます。

関連ニュース・イベント

イベント
『JTS Tech Conference 2021』開催のご案内《11月9日・オンライン》
セミナー
『オンラインイベント:JT-KOHKAver12新機能説明会』開催のご案内《5月25日・5月26日》
ニュース
『JT-KOHKA(連続高架橋の耐震設計支援プログラム) Ver12』リリースのご案内
ニュース
新製品『BeCIM/CB』(PC桁橋CIMモデリングシステム)の期間限定無料サービス開始!
ニュース
『平成29年道路橋示方書改定に関するWEBセミナー(有料)』サービス終了のお知らせ