鋼鈑桁・任意断面鋼箱桁橋製作情報処理システム(MIPSON)、任意形薄肉鋼構造物製作情報処理システム(MASTERSON)が持つ3次元座標データを利用し、部材組立や仮組立に必要な帳票を出力するシステムです。

機能&特長

機能

  • 箱組立寸法図、仮組立座標、受台配置図、仮組立検査寸法図、出来形管理図を出力します。
  • 帳票はすべてEXCELファイルに出力します。

特長

  • 架設系を考慮した座標にも対応可能です(仮組系、架設系、仮組系+架設系の混在)。
  • 現場溶接による収縮量を考慮した継手の隙間寸法調整機能があります。
  • 構造認識機能により最小の設定作業で、仮組立検査寸法図が出力可能です。
  • 仮組立規定値計算根拠シートを出力します。

image01.jpg

国土交通省 新技術情報提供システム「NETIS」

関連ニュース・イベント

イベント
『JTS Tech Conference 2021』開催のご案内《11月9日・オンライン》
ニュース
『JT-KOHKA(連続高架橋の耐震設計支援プログラム) Ver12』リリースのご案内
ニュース
新製品『BeCIM/CB』(PC桁橋CIMモデリングシステム)の期間限定無料サービス開始!
ニュース
『平成29年道路橋示方書改定に関するWEBセミナー(有料)』サービス終了のお知らせ
ニュース
『PC-Navi(PC桁橋概略設計システム)』がバイプレストレッシング工法に対応!