道路橋示方書・同解説Ⅰ共通編、Ⅴ耐震設計編、道路橋の耐震設計に関する資料に基づき、多層多柱式橋脚について面内方向の静的解析による設計計算を支援するプログラムです。

製品価格(税込)

  • 本体価格

    使用許諾料
    (必須)
    660,000円(1ライセンス)
    問合せサポートサービス会費(任意)
    66,000円(1年間)
  • 追加ライセンス料
    66,000円(1ライセンス)

ライセンスとは、LAN運用時に同時に運用できる制限数を指します。

  • 1ライセンスでは、同時運用台数:1台
  • 2ライセンスでは、同時運用台数:2台

JTS@SPサービス価格(税込)

7日間30日間
使用料 36,300円/ライセンス 72,600円/ライセンス

動作環境

OS Windows 8.1/10
対応機種
(パソコン本体)
上記日本語OSが稼働するパーソナルコンピュータ
  • Windows 8.1では、WinHelpが標準ではインストールされないため、ヘルプを利用するためには追加モジュールをインストールする必要があります。

関連ニュース・イベント

イベント
『JTS Tech Conference 2021』開催のご案内《11月9日・オンライン》
セミナー
『オンラインイベント:JT-KOHKAver12新機能説明会』開催のご案内《5月25日・5月26日》
ニュース
『JT-KOHKA(連続高架橋の耐震設計支援プログラム) Ver12』リリースのご案内
ニュース
新製品『BeCIM/CB』(PC桁橋CIMモデリングシステム)の期間限定無料サービス開始!
ニュース
『平成29年道路橋示方書改定に関するWEBセミナー(有料)』サービス終了のお知らせ