道路橋示方書・同解説Ⅰ共通編、Ⅴ耐震設計編、道路橋の耐震設計に関する資料に基づき、多層多柱式橋脚について面内方向の静的解析による設計計算を支援するプログラムです。

機能&特長

単位系 SI単位系のみ
構造形式 ラーメン式、単柱式
断面形状 矩形、円形、台形、小判形
地震動に対する照査
  • タイプⅠ(プレート境界型の大規模な地震)
  • タイプⅡ(内陸直下型地震)
ラーメン式橋脚の全体系限界状態の判定方法
  • 指定数の塑性ヒンジ点が限界状態に達したとき
  • 降伏した塑性ヒンジ点がすべて限界状態に達したとき
適用基準及び参考文献
  • 道路橋示方書・同解説Ⅴ耐震設計編(平成29年11月)
  • 道路橋の耐震設計に関する資料(平成10年1月)
  • 道路橋の耐震設計に関する資料(平成9年3月)
  • 主鉄筋は、定着・非定着を取扱えます。
  • 断面形状、鉄筋配置等により、降伏剛性や塑性ヒンジ点のN-Mls相関曲線、N-φls相関曲線などを内部で自動計算します。

適用範囲

層数 2層※1
柱数 10柱
格点数 800格点
  1. 2層の場合、上部工の荷重は上層梁のみに載荷できます。

関連ニュース・イベント

イベント
『JTS Tech Conference 2021』開催のご案内《11月9日・オンライン》
セミナー
『オンラインイベント:JT-KOHKAver12新機能説明会』開催のご案内《5月25日・5月26日》
ニュース
『JT-KOHKA(連続高架橋の耐震設計支援プログラム) Ver12』リリースのご案内
ニュース
新製品『BeCIM/CB』(PC桁橋CIMモデリングシステム)の期間限定無料サービス開始!
ニュース
『平成29年道路橋示方書改定に関するWEBセミナー(有料)』サービス終了のお知らせ