鋼橋伸縮装置設計の手引き、鋼製フィンガージョイント設計指針、設計要領 第二集、鋼構造物設計基準および鋼構造物設計要領(案)に基づき、鋼製フィンガージョイント(片持式)の詳細設計を一貫して行えます。
  • NEXCOのフィンガージョイントについては、鋼製フィンガージョイント設計指針が平成29年道路橋示方書に対応後、検討いたします。

特長

各種橋梁形式に対応

jsp_18w_01.png
  • 橋梁形式は左右別に橋台、鋼上路橋、鋼下路橋、鋼床版橋、RC橋、PC橋の組合せに対応しています。

豊富なモデル図、確認図でデータミスを防止

jsp_18w_02.png
  • 豊富な確認図により視覚的に入力チェックが行え、ミスを未然に防止できます。
  • フィンガープレートやリブ、アンカーなどの各部材のモデル図や確認図を表示できます。

自動計算と指定計算機能により断面計算がスムーズに

jsp_18w_03.png
  • フィンガープレートの形状やフランジ、ウェブの断面決定は自動計算、指定計算が可能です。
  • 断面計算結果の画面で変更計算(自動、指定)が行えます。

関連ニュース・イベント

ニュース
『JT-KOHKA(連続高架橋の耐震設計支援プログラム) Ver12』リリースのご案内
ニュース
新製品『BeCIM/CB』(PC桁橋CIMモデリングシステム)の期間限定無料サービス開始!
ニュース
『平成29年道路橋示方書改定に関するWEBセミナー(有料)』サービス終了のお知らせ
ニュース
『PC-Navi(PC桁橋概略設計システム)』がバイプレストレッシング工法に対応!
ニュース
『平成29年道路橋示方書改定に関するWEBセミナー(有料)』の配信期間再延長!