道路橋示方書・同解説Ⅰ共通編、Ⅱ鋼橋編および鋼道路橋設計便覧に基づき、RC床版を有するトラス系およびアーチ系の床組(縦桁、横桁)の詳細設計を一貫して行えます。

機能&特長

単位系 重力単位系、SI単位系
路面位置 上路式、下路式
地覆・高欄 国土交通省(車道・歩道)、東・中・西日本高速道路株式会社(ガードレール、フロリダ型、ニュージャージー型、中央分離帯)、首都高速道路株式会社、阪神高速道路株式会社、名古屋高速道路公社、福岡北九州高速道路公社
適用基準及び参考文献 道路橋示方書・同解説Ⅰ共通編、Ⅱ鋼橋編(平成24年3月)
鋼道路橋設計便覧(昭和55年8月改訂版)

適用範囲

主構支間数 10支間
縦桁本数 10本
パネル数 199パネル

関連ニュース・イベント

ニュース
『JT-KOHKA(連続高架橋の耐震設計支援プログラム) Ver12』リリースのご案内
ニュース
新製品『BeCIM/CB』(PC桁橋CIMモデリングシステム)の期間限定無料サービス開始!
ニュース
『平成29年道路橋示方書改定に関するWEBセミナー(有料)』サービス終了のお知らせ
ニュース
『PC-Navi(PC桁橋概略設計システム)』がバイプレストレッシング工法に対応!
ニュース
『平成29年道路橋示方書改定に関するWEBセミナー(有料)』の配信期間再延長!