土木構造物標準設計第18~20巻、CAD製図基準(案)に基づき、プレテンション方式PC単純床版道路橋の自動製図を行います。図面に連動して、数量計算書も出力できます。

特長

さまざまな平面形状に対応

jip_pretendraw_01.png
  • 平面形状は直橋、斜橋(斜角一定、斜角変化)を対象にした図面作成が可能です。
  • 橋面形状は橋面寸法入力による幅員一定タイプの他に、座標入力による幅員変化タイプに対応しています。

豊富な自動設定機能で簡単なデータ入力

jip_pretendraw_02.png
  • 豊富な自動決定機能で容易にデータを入力でき、短時間で効率的な図面作成が可能です。
  • 主桁の配筋は選択したJIS桁の標準配置を参考にし、JIS桁もJIS桁以外も自動設定できます。

リアルタイムにCADイメージを確認

jip_pretendraw_03.png
  • CAD画面イメージを確認しながらデータ入力が行えます。
  • リアルタイムにCADイメージを確認できるので、データ修正、確認作業が容易に行えます。
  • 図面レイアウトはマウス操作で簡単に修正できます。

関連ニュース・イベント

新製品
設計情報属性ファイル交換標準(案)「数量編Ver1.0」対応"まてりあるEX"リリースのご案内
新製品
『PCaSlab-Layout』(プレキャスト床版割付決定支援システム)リリースのご案内
ニュース
製品・サービスの価格改定に関するお知らせ
セミナー
JT-KOHKA(3次元版)『ラーメン橋脚保耐法対応オプション』(連続高架橋の耐震設計支援プログラム)説明会開催のご案内《12月22日(金) オンライン》
セミナー
『OCF BIM/CIMセミナー2023』~BIM/CIM本格活用に向けてのOCFからの提案~ ハイブリッド開催のご案内《12月7日・東京》