鋼橋伸縮装置設計の手引き、鋼製フィンガージョイント設計指針(案)に基づき、伸縮装置の製図作業を支援するシステムです。

機能&特長

  • 鋼製フィンガージョイントを用いた伸縮装置を対象とします。
  • 箱型形式、I型形式ともに対応しています。
  • 伸縮装置本体図、主構造断面図、非排水装置図・詳細図を作図します。
  • 図面はDXFファイルへの出力が可能です。
  • 材料情報の計算、テキストファイルへの出力が可能です。
  • 適用基準及び参考文献
    • 鋼橋伸縮装置設計の手引き(平成17年4月)
    • 鋼橋フィンガージョイント設計指針(案)(平成15年10月)

適用範囲

橋梁形式 鋼橋、コンクリート橋(コンクリート橋台含む)
適用橋種 RC・PC床版を有する鋼橋、コンクリート橋(鋼床版は適用外)
鋼橋の主桁形状 鈑桁、箱桁
主桁本数(鈑桁) 10本
主桁本数(箱桁) 5本

関連ニュース・イベント

ニュース
『平成29年道路橋示方書改定に関するWEBセミナー(有料)』サービス終了のお知らせ
ニュース
『PC-Navi(PC桁橋概略設計システム)』がバイプレストレッシング工法に対応!
ニュース
『平成29年道路橋示方書改定に関するWEBセミナー(有料)』の配信期間再延長!
ニュース
『BeCIM/MB』(鋼橋CIMモデリングシステム)がJTS@SPサービスに新登場!
ニュース
『BeCIM/MB』(鋼橋CIMモデリングシステム)がIFC検定に合格しました