連結部の負の曲げに対する抵抗断面の圧縮側の有効幅はどのようにしているのですか?

プレテンT桁の場合、中間支点上横桁面から橋脚中心までの距離1:5を考慮した有効幅を使用しています。
プレテンT桁以外は桁端のウェブ幅または下フランジ幅です。
断面図

詳細設計(オプション)では、負の曲げに対する抵抗断面の圧縮側の有効幅を任意に入力することが可能です。