設計断面位置が連結部の切欠き区間内の場合は、どのような設計を行っているのですか?

設計断面位置が連結部の切欠き区間内であっても、切欠きを無視した標準の主桁断面形状、PC鋼材配置で設計を行っています。

参考:"標準桁より設定"されるPC鋼材形状は、連結部の切欠きを考慮していません。したがって、下記のようなデータ変更が必要となります。

例)プレテンホロー連結桁
"標準桁より設定"で指定されるPC鋼材形状
ボンドレス区間のない鋼材定着位置
切り欠き部分をボンドレス区間としたPC鋼材形状
ボンドレス区間のある鋼材定着位置
※切り欠き位置の鋼材をボンドレス鋼材とすることで、プレストレスの計算が正確に行えます