TDAPⅢ/FDAPⅢは、土木・建築向け汎用3次元動的解析プログラムです。土木・建築分野に特化した要素群、材料非線形モデルを数多く実装しています。2次元、3次元、軸対称モデル、骨組みやシェルなどの構造要素、各種境界を含む地盤要素、液体要素などを幅広くサポートしており、モデル化に関する高い汎用性があります。

  • TDAPⅢ/FDAPⅢは大成建設株式会社と株式会社アーク情報システムが共同で開発した製品です。

価格

営業窓口までお問合せください。

動作環境

OS Windows 7/8/10
CPU インテル・プロセッサ・ファミリー(推奨)
メモリ 512MB以上(2GB以上を推奨)

関連ニュース・イベント

イベント
『JTS Tech Conference 2021』開催のご案内《11月9日・オンライン》
イベント
『第56回地盤工学研究発表会』に解析ソフトウェアを出展!《7月12日~7月15日・オンライン》
イベント
『バーチャルコンクリートテクノプラザ2021』に解析ソフトウェアを出展!《7月7日~7月9日・オンライン》
セミナー
『オンラインイベント:JT-KOHKAver12新機能説明会』開催のご案内《5月25日・5月26日》
セミナー
『オンラインイベント:地下構造物耐震解析における3次元動的解析プログラムTDAPⅢの製品紹介』開催のご案内《11月25日・12月17日》