鋼構造架設設計施工指針に基づき、鋼箱桁および鈑桁の手延機による送り出し架設工法(送り出し装置を用いる)の全工程に対する断面力を自動的に算出し、断面および腹板座屈の検討、照査を行います。腹板の座屈照査は道路橋示方書・同解説Ⅰ共通編、Ⅱ鋼橋・鋼部材編、DASt Richtlinie 012鋼板の安定照査、鋼構造架設設計施工指針を用います。

特長

各種腹板座屈照査方法に対応

jsp_53w_01.png
  • 腹板の座屈照査は以下の3種類から選択可能です。
    1. 曲げとせん断を受ける(道路橋示方書Ⅱ 解13.4.5)
    2. 鉛直局部荷重と曲げ、せん断を受ける(DASt指針)
    3. 鉛直局部荷重と曲げ、せん断を受ける(鋼構造架設設計施工指針 2012年版)

各種盛り替え方法が選択可能

jsp_53w_02.png
  • 盛り替え方法は以下の4種類から選択可能です。

    1. 可動支点が盛り替え長以内に入ったとき(可動支点ありの場合)
    2. 桁端が盛り替え長以内に入ったとき(可動支点なしの場合)
    3. 安定計算で許容値がオーバーになったとき
    4. 手延機が橋脚を通過したとき

橋脚の標高、製作そり差、ステージ勾配の考慮が可能

jsp_53w_03.png
  • 橋脚の標高、製作そり差、ステージ(作業台)の勾配が考慮できます。
  • 支点の強制変位による断面力算出を行います(支点沈下を考慮した場合)。
  • 計算後に手延機先端が橋脚を通過する時の橋脚クリア差が表示されます。これを参考に手延機のそり値を決定し、簡単に再計算が行えます。

関連ニュース・イベント

ニュース
『平成29年道路橋示方書改定に関するWEBセミナー(有料)』サービス終了のお知らせ
ニュース
『PC-Navi(PC桁橋概略設計システム)』がバイプレストレッシング工法に対応!
ニュース
『平成29年道路橋示方書改定に関するWEBセミナー(有料)』の配信期間再延長!
ニュース
『BeCIM/MB』(鋼橋CIMモデリングシステム)がJTS@SPサービスに新登場!
ニュース
『BeCIM/MB』(鋼橋CIMモデリングシステム)がIFC検定に合格しました