道路橋示方書・同解説Ⅰ共通編、Ⅱ鋼橋・鋼部材編に基づき、箱桁の継手計算が行えます。

機能&特長

  • SI単位系で計算します。
  • 上下フランジ、上下縦リブ及びウェブの継手計算を行います。
  • データ入力メニュー内から自動決定、指定計算、継手形状図表示等が可能です。
  • 主桁単位の全継手について、入力データの一覧編集、計算結果の一覧表示が出力できます。
  • ボルトピッチ、ゲージ、ボルト本数、連結板板厚、母材アップ板厚を自動決定できます。
  • フランジの縦シーム(突合せ)を考慮できます。
  • 鋼床版の縦リブは、トラフ、バルブ、プレートリブに対応しています。
  • RC床版の縦リブは、プレートリブに限ります。
  • フランジ縦リブ配置の不等ピッチに対応可能です。
  • フランジの板重ねは考慮できません。
  • 断面形状は以下の形式が可能です。
    • 鋼床版箱桁
    • RC床版非合成箱桁
  • 適用基準及び参考文献
    • 道路橋示方書・同解説Ⅰ共通編(平成29年11月)
    • 道路橋示方書・同解説Ⅱ鋼橋・鋼部材編(平成29年11月)
    • 鋼道路橋設計便覧(昭和55年8月改訂版)

適用範囲

継手数 100継手/主桁
腹板数 5枚(最大4室)
フランジ縦リブ間隔 100~1800mm
縦リブの板幅 110~350mm
ウェブの板幅
(連結板分割タイプ)
800~5000mm
ウェブの板幅
(連結板一枚タイプ)
500~5000mm

関連ニュース・イベント

ニュース
『JT-KOHKA(連続高架橋の耐震設計支援プログラム) Ver12』リリースのご案内
ニュース
新製品『BeCIM/CB』(PC桁橋CIMモデリングシステム)の期間限定無料サービス開始!
ニュース
『平成29年道路橋示方書改定に関するWEBセミナー(有料)』サービス終了のお知らせ
ニュース
『PC-Navi(PC桁橋概略設計システム)』がバイプレストレッシング工法に対応!
ニュース
『平成29年道路橋示方書改定に関するWEBセミナー(有料)』の配信期間再延長!