ダイヤフラムの設計については、鋼道路橋設計便覧、鋼構造の補剛設計に基づき、(1)間隔の照査、(2)剛性の照査、(3)応力度の照査の詳細設計が行えます。また、補剛材の設計については、道路橋示方書・同解説Ⅰ共通編、Ⅱ鋼橋編および名古屋高速道路公社に基づき、(1)断面の検討、(2)応力度の照査、(3)溶接部の検討などの詳細設計が行えます。

製品価格(税込)

  • 本体価格

    使用許諾料
    (必須)
    440,000円(1ライセンス)
  • 追加ライセンス料
    88,000円(1ライセンス)

ライセンスとは、LAN運用時に同時に運用できる制限数を指します。

  • 1ライセンスでは、同時運用台数:1台
  • 2ライセンスでは、同時運用台数:2台

JTS@SPサービス価格(税込)

7日間30日間
使用料 8,800円
(1ライセンス)
23,100円
(1ライセンス)

動作環境

OS Windows 8.1/10
対応機種
(パソコン本体)
上記日本語OSが稼働するパーソナルコンピュータ
  • Windows 8.1では、WinHelpが標準ではインストールされないため、ヘルプを利用するためには追加モジュールをインストールする必要があります。
  • Windows 10でWinHelpが未対応となったため、ヘルプは表示できません。

関連ニュース・イベント

ニュース
新製品『BeCIM/CB』(PC桁橋CIMモデリングシステム)の期間限定無料サービス開始!
ニュース
『平成29年道路橋示方書改定に関するWEBセミナー(有料)』サービス終了のお知らせ
ニュース
『PC-Navi(PC桁橋概略設計システム)』がバイプレストレッシング工法に対応!
ニュース
『平成29年道路橋示方書改定に関するWEBセミナー(有料)』の配信期間再延長!
ニュース
『BeCIM/MB』(鋼橋CIMモデリングシステム)がJTS@SPサービスに新登場!