道路、橋梁をはじめとした各種公共インフラの計画的な維持管理を目指し、効果的なマネジメントシステムをご提供します。

概要

日本の道路施設は、その多くが高度成長期に建設されています。
例えば、橋の耐久性は約40年から60年といわれており、近い将来、大量更新時代を迎えることから、財政需要の急増が懸念されています。
弊社の維持管理システムは、こうした問題を抱える管理者様の悩みを解決することができます。
財務情報、道路施設の劣化状況、社会的便宜などの情報を一元的に管理します。 施設の健全度や道路機能を考慮し「どの施設からコストをかけるべき」といった予算配分や、構造物のライフサイクルコストの算出など、事業計画の策定を強力に支援します。
弊社は、東京都様をはじめ、数件の管理者様への導入実績を誇っています。豊富なノウハウを持つ弊社に、ぜひ相談してください。

maintenance_01.jpg

事例紹介

関連ニュース・イベント

イベント
『建設技術展2019近畿』出展のお知らせ《10月23日~24日・大阪》
イベント
『建設技術フェア2019in中部』出展のお知らせ《10月16日~17日・名古屋》
イベント
『第11回 インフラ検査・維持管理展』出展のお知らせ《7月24日~26日・東京》
イベント
『建設技術公開 EE東北'19』出展のお知らせ《6月5日~6日・仙台》
イベント
『インフラメンテナンス国民会議 近畿本部フォーラム2019』出展のお知らせ《5月30日~31日・大阪》