道路橋示方書・同解説Ⅰ共通編、Ⅱ鋼橋編に基づき、鋼ラーメン橋(方杖、V脚)の概略設計(断面力算出、断面計算、隅角部計算、数量計算、工数積算)を一貫して行えます。

特長

断面力算出から工数積算を一貫して実行

jsp_07w_01.png
  • 鋼ラーメン橋(方杖、V脚)の概略設計(断面力算出、断面計算、隅角部計算、数量計算、工数積算)を一貫して行えます。
  • 横断面形状(横断の床版張出長、車道幅員など)の入力により緩やかなカーブが扱えます。

豊富な骨組形状と2種の主構断面に対応

jsp_07w_02.png
  • 骨組形状は方杖2本脚、V脚と1本脚、V脚1本、V脚2本、V脚3本に対応しています。
  • モデル形状の選択により簡単に骨組みデータを作成できます。
  • 主構断面は鈑桁、箱桁に対応しています。

豊富な確認図でデータミスを防止

jsp_07w_03.png
  • 豊富な確認図により、視覚的に入力チェックが行え、ミスを未然に防止できます。
  • 平面図、側面図、横断面図、荷重図が確認図として表示できます。

関連ニュース・イベント

ニュース
『平成29年道路橋示方書改定に関するWEBセミナー(有料)』サービス終了のお知らせ
ニュース
『PC-Navi(PC桁橋概略設計システム)』がバイプレストレッシング工法に対応!
ニュース
『平成29年道路橋示方書改定に関するWEBセミナー(有料)』の配信期間再延長!
ニュース
『BeCIM/MB』(鋼橋CIMモデリングシステム)がJTS@SPサービスに新登場!
ニュース
『BeCIM/MB』(鋼橋CIMモデリングシステム)がIFC検定に合格しました