アーチの上弦材、上支材、下弦材、横桁位置の完成時・仮組時座標を計算し、Excelシートに出力できます。軸線データ、断面寸法データ、計算ポイントの位置指定、および属性データを入力し、画面上の実行ボタンをクリックすることにより、Excelシートに完成時・仮組時座標が出力できます。

機能&特長

  • 対象部材および座標計算
    アーチの上弦材、上支材、下弦材、横桁位置の完成時・仮組時座標を計算します。
  • 軸線タイプ
    アーチの完成時軸線は放物線、単円に対応しています。
  • キャンバー入力機能
    X,Zキャンバー入力により仮組時座標の計算ができます。また、バスケットハンドル形式のアーチについては面内、面外の2種類のキャンバーに対応しています。
  • 断面位置入力方法
    断面位置は、軸線上距離、X座標の2通りの入力が可能です。
  • 出力ポイント
    アーチは軸心、箱4隅、フランジ端の座標を出力します。
    上支材はアーチウェブとの接点、ジョイント位置の座標を出力します。
  • 出力物
    Excelシートへの座標出力のほかに、寸法チェックリスト、DXF、CSV、MASTERSONデータの出力が行えます。
ArchLiner/Light ArchLiner
計算機能 軸線長計算
完成時弦材座標
完成時横支材座標
仮組時弦材座標 ×
仮組時横支材座標 ×
出力機能 完成時軸線・弦材チェックリスト
チェック図
DXFファイル

適用範囲

処理範囲 隅角部を除く部分(下図参照)
横断数制限 500横断

range.jpg

関連ニュース・イベント

イベント
『JTS Tech Conference 2021』開催のご案内《11月9日・オンライン》
ニュース
『JT-KOHKA(連続高架橋の耐震設計支援プログラム) Ver12』リリースのご案内
ニュース
新製品『BeCIM/CB』(PC桁橋CIMモデリングシステム)の期間限定無料サービス開始!
ニュース
『平成29年道路橋示方書改定に関するWEBセミナー(有料)』サービス終了のお知らせ
ニュース
『PC-Navi(PC桁橋概略設計システム)』がバイプレストレッシング工法に対応!