アーチの上弦材、上支材、下弦材、横桁位置の完成時・仮組時座標を計算し、Excelシートに出力できます。軸線データ、断面寸法データ、計算ポイントの位置指定、および属性データを入力し、画面上の実行ボタンをクリックすることにより、Excelシートに完成時・仮組時座標が出力できます。

特長

各種軸線タイプに適用が可能

archLiner_01.png
  • 軸線は2次放物線、円に加え1.8次のように放物線に次数が指定できます。
  • バスケットハンドル、バチにも対応しています。

キャンバー入力機能の設定

archLiner_02.png
  • X,Zキャンバーを設定することにより仮組座標が算出できます。
  • 面内、面外の設定が可能です。

各種チェックリストでの詳細確認

archLiner_03.png
  • 軸線、ウェブ上下縁の区間長、累加長が確認できます。
  • 各断面で軸線の曲率、断面の方向ベクトルの確認ができます。

DXFファイルに出力が可能

archLiner_04.png
  • ボタン1つでDXFファイルの出力が可能です。
  • 軸線、ウェブ、フランジ端座標が確認できます。

関連ニュース・イベント

ニュース
『平成29年道路橋示方書改定に関するWEBセミナー(有料)』サービス終了のお知らせ
ニュース
『PC-Navi(PC桁橋概略設計システム)』がバイプレストレッシング工法に対応!
ニュース
『平成29年道路橋示方書改定に関するWEBセミナー(有料)』の配信期間再延長!
ニュース
『BeCIM/MB』(鋼橋CIMモデリングシステム)がJTS@SPサービスに新登場!
ニュース
『BeCIM/MB』(鋼橋CIMモデリングシステム)がIFC検定に合格しました