JIPテクノサイエンス(以下、当社)では、社員を会社の大切な財産である「人財」と位置づけています。
当社は、会社の発展・成長は社員の力にあると考えており、社員の能力向上のため教育制度の充実に力を入れています。

人材育成制度

プロフェッショナルな人材

当社は、社員ひとり一人に、自立した意識を持ち、新しい分野や新しい技術に挑戦し続け、新たな価値を主体的かつ継続的に創出する"プロフェッショナル"人材であることを求めます。
また同時に、社員ひとり一人が、高度な専門知識を身に付け、社会基盤整備に関わるソフトウェア開発やコンサルティング等の"仕事"を通して、安全で過ごしやすく環境に配慮された社会の実現に貢献する"プロフェッショナル"な人材であることを求めます。

当社は、"プロフェッショナル"を育成するため、成長する意欲を持った人材を以下の制度により支援します。

  • 社会人大学院博士課程入学希望者への受験料、および入学後の授業料補助制度
  • 資格取得を推進するための奨励金支給制度
  • 自己啓発活動を応援するための援助金支給制度

研修制度

当社では教育・研修制度を用意しており、技術およびビジネスの両面で社員の能力向上を図っています。また、NTTデータグループの一員になったことによりNTTデータグループの教育研修制度を利用できるのも大きな魅力の1つです。

1.新入社員研修

入社前 入社前研修
国家資格であるIPA情報処理技術者試験合格に向けてのe-learning研修になります。
4月 入社時集合研修
ビジネスルール・マナー、コンプライアンス、IT基礎を中心とした研修を実施します。 前半はNTTデータグループの新入社員との合同研修です。後半は当社独自の研修になります。
6月 OJT研修
現場配属され、実際の業務を通じての研修になります。

2.若手社員研修

5年目 フォローアップ研修(キャリアデザイン研修)

3.ビジネススキル研修

通年 全社員を対象にビジネススキル研修を実施。
職位・職能別の研修を実施。

4.事業部別研修

通年 事業部毎のIT技術習得、業務知識習得の研修を実施