樋口 康介
社会インフラの整備に役立っているのだという実感
樋口 康介
2009年入社
インフラソリューション事業部

Q 現在の職務内容を教えてください。

社会インフラの道路構造物(橋梁、トンネル、道路標識、のり面など)の点検・維持管理・帳票作成支援を行うためのシステムの設計・開発・保守を行っています。
その中で主に、インフラソリューション事業部の主力ソフトである長寿郎/BG、道之助などの汎用ソフトウェア、お客様より受託で請け負った業務用アプリケーションなどに携わっています。

Q JIPテクノサイエンスの魅力は何だと思いますか?

上司・先輩・同僚社員は皆、専門技術・知識に抜きん出た方ばかりなので、自分自身日々新しいことを勉強しながら、追いつこうと高い意識で業務に取り組むことができます。
また、社員同士の仲がよく、上下関係も気にしない方が多いため、ざっくばらんにコミュニケーションを取り、困ったときはお互いに助け合う空気があります。それらが弊社の魅力だと思います。

Q 仕事の面白さ、やりがいを感じる点を教えてください。

新しいプロジェクトを始める際に、これまでやったことがない技術(例えば、プログラミング言語、フレームワーク、データベースなど)に挑戦する事が多く、そこに面白さを感じます。
また、自分たちの作ったシステムが、社会インフラの整備に役立っているのだという実感、そして、直接お客様と電話口で、また、顔を突き合わせてお話をさせていただく機会が多く、感謝・激励のお言葉をいただくことも多々あり、それらにやりがいを感じます。

Q プライベートの過ごし方について教えてください!

夫婦でショッピングや公園、遊びに出かけたり、美味しいものを食べに行ったりすることが多いです。
また、電源・非電源を問わず、ゲームが大好きなので、自室に籠りテレビゲームに没頭しすぎて妻に呆れられたり、友人や同年代の社員で集まって、海外製のボードゲームに興じたりしています。どちらも程よく頭を使うゲームが好みです。

Q 最後に学生のみなさんにメッセージをお願いします。

結果が出ずに悩むこと、後悔することも多いですが、就職活動は自分自身を知る、認識・視野を広げる良い機会だと思います。さまざまな企業に足を運ぶことで、本当に自分のやりたいことが見えてくるかもしれません。なので、立ち止まらずにまずは行動が大事です。その結果、来年の4月には頑張っている皆さんが心から納得できるような状況となっていることを、願っています。