道路橋示方書・同解説Ⅴ耐震設計編、「ゴム支承を用いた地震時水平力分散構造を有する道路橋の非線形地震応答の簡易推定法」(国土交通省土木研究所)に基づき、等価線形化法による地震時水平力分散構造を有する道路橋の耐震検討を行うプログラムです。

機能&特長

単位系 重力単位系、SI単位系
橋脚形式 鉄筋コンクリート橋脚
コンクリートを充填した鋼製橋脚
  • ゴム支承を用いた地震時水平力分散構造を有する橋脚とします。
計算内容 上部構造の慣性力の作用位置に生じる水平変位の算出
橋脚躯体の安全性の照査(応答塑性率および残留変位)
適用基準及び参考文献 道路橋示方書・同解説Ⅴ耐震設計編(平成14年3月)
ゴム支承を用いた地震時水平力分散構造を有する道路橋の非線形地震応答の簡易推定法(平成11年3月)
  • 入力画面が非常にシンプルで分かり易いので、簡単にデータ作成ができます。
  • 計算に必要なパラメータは初期値をそのまま使用することや、設計者の判断で自由に値を設定することもできます。
  • RC橋脚の場合、許容塑性率の自動計算が可能です。
  • 計算の全過程における結果を確認することも、必要な項目のみを確認することも可能です。
  • 等価剛性と変位の変化をグラフ化して出力が可能です。

関連ニュース・イベント

イベント
『JTS Tech Conference 2021』開催のご案内《11月9日・オンライン》
セミナー
『オンラインイベント:JT-KOHKAver12新機能説明会』開催のご案内《5月25日・5月26日》
ニュース
『JT-KOHKA(連続高架橋の耐震設計支援プログラム) Ver12』リリースのご案内
ニュース
新製品『BeCIM/CB』(PC桁橋CIMモデリングシステム)の期間限定無料サービス開始!
ニュース
『平成29年道路橋示方書改定に関するWEBセミナー(有料)』サービス終了のお知らせ