道路橋示方書・同解説Ⅴ耐震設計編、「ゴム支承を用いた地震時水平力分散構造を有する道路橋の非線形地震応答の簡易推定法」(国土交通省土木研究所)に基づき、等価線形化法による地震時水平力分散構造を有する道路橋の耐震検討を行うプログラムです。

特長

鉄筋コンクリート橋脚、コンクリート充填鋼製橋脚に対応

jip_tools3_01.png

鉄筋コンクリート橋脚だけではなく、コンクリートを充填した鋼製橋脚にも対応しています。

結果をグラフ化して出力が可能

jip_tools3_02.png

剛度と変位の変化をグラフ化して出力が可能です。

許容塑性率の自動計算が可能

jip_tools3_03.png

鉄筋コンクリート橋脚の場合、許容塑性率の自動計算が可能です。

関連ニュース・イベント

イベント
『JTS Tech Conference 2021』開催のご案内《11月9日・オンライン》
セミナー
『オンラインイベント:JT-KOHKAver12新機能説明会』開催のご案内《5月25日・5月26日》
ニュース
『JT-KOHKA(連続高架橋の耐震設計支援プログラム) Ver12』リリースのご案内
ニュース
新製品『BeCIM/CB』(PC桁橋CIMモデリングシステム)の期間限定無料サービス開始!
ニュース
『平成29年道路橋示方書改定に関するWEBセミナー(有料)』サービス終了のお知らせ