非合成桁の概略自動設計(JSP-1W)、単純合成桁の概略自動設計(JSP-4W)のデータを連動することで、CADを全く使わずに、鈑桁橋、箱桁橋の上部工CIMモデルを瞬時に自動生成するモデリングシステムです。国土交通省CIM導入ガイドライン(案)に準拠したIFCファイルの出力にも対応しているため、汎用CADや他社BIM/CIMソフトウェアへの連携が可能で、別途用意した下部工構造物や地形、周辺環境などのモデルとの統合が容易です。成果物の品質向上や関係者協議、合意形成の迅速化などが期待でき、維持管理用の上部工モデルとしてもご活用いただけます。また、HyBRIDGEユーザ向けにHyBRIDGE連動オプションがあります。

製品価格(税込)

  • 本体価格

    使用許諾料
    (必須)
    715,000円(1ライセンス)
    サポートサービス料
    (必須)
    71,500円(1年間)
  • 追加ライセンス料
    143,000円(1ライセンス)

ライセンスとは、LAN運用時に同時に運用できる制限数を指します。

  • 1ライセンスでは、同時運用台数:1台
  • 2ライセンスでは、同時運用台数:2台

オプション価格

使用許諾料
(必須)
サポートサービス料
(必須)
追加ライセンス料
HyBRIDGE連動オプション 330,000円
(1ライセンス)
33,000円
(1年間)
66,000円
(1ライセンス)

オプションのみの運用はできません。本体プログラムBeCIM/MBが必要です。

ライセンス数は、本体プログラムBeCIM/MBと同じライセンス数となります。

サポートサービス契約は、本体プログラムBeCIM/MBとオプションを含んでの契約となります。

JTS@SPサービス価格(税込)

7日間30日間
使用料 71,500円 ※1
(1ライセンス)
143,000円 ※1
(1ライセンス)
  1. JTS@SPサービスのご提供は、HyBRIDGE連動オプションを含みます。

動作環境

OS Windows 8.1/10
CPU Intel Core i5 2.5GHz以上
メモリ 4GB以上
必要なアプリケーション Microsoft .NET Framework 4.0
グラフィック DirectX11以上
グラフィックボード NVIDIA GeForce または AMD Radeon

関連ニュース・イベント

ニュース
『JT-KOHKA(連続高架橋の耐震設計支援プログラム) Ver12』リリースのご案内
ニュース
新製品『BeCIM/CB』(PC桁橋CIMモデリングシステム)の期間限定無料サービス開始!
ニュース
『平成29年道路橋示方書改定に関するWEBセミナー(有料)』サービス終了のお知らせ
ニュース
『PC-Navi(PC桁橋概略設計システム)』がバイプレストレッシング工法に対応!
ニュース
『平成29年道路橋示方書改定に関するWEBセミナー(有料)』の配信期間再延長!