非合成桁の概略自動設計(JSP-1W)、単純合成桁の概略自動設計(JSP-4W)のデータを連動することで、CADを全く使わずに、鈑桁橋、箱桁橋の上部工CIMモデルを瞬時に自動生成するモデリングシステムです。国土交通省CIM導入ガイドライン(案)に準拠したIFCファイルの出力にも対応しているため、汎用CADや他社BIM/CIMソフトウェアへの連携が可能で、別途用意した下部工構造物や地形、周辺環境などのモデルとの統合が容易です。成果物の品質向上や関係者協議、合意形成の迅速化などが期待でき、維持管理用の上部工モデルとしてもご活用いただけます。また、HyBRIDGEユーザ向けにHyBRIDGE連動オプションがあります。

機能&特長

  • 鋼橋の計画・設計や維持管理の工程における上部工CIMモデルを瞬時に自動生成するモデリングシステムです。
  • 「JSP-1W/4W」からのデータ連動 ※1で、簡易な縦断・横断勾配を考慮した鈑桁橋、箱桁橋のCIMモデルが簡単に作成できます。概略設計では扱わない部材も本システムで内部生成するため、充実した部材表現が可能です。
  • HyBRIDGE連動オプションを追加することで、「HyBRIDGE/設計」で行った詳細設計データの連動 ※2が可能です。
  • 詳細設計では正確な路面線形を考慮しているため、主構造全般を高精度にモデル化します ※2
  • 外部ファイル(DXF(3D FACE)、IFC 、属性(CSV形式))に出力でき、他社の汎用CADやCIM対応ソフトウェアに取り込め、下部工などの構造物や地形などと統合したモデルの作成に役立ちます。
  1. JSP-1W、4W(Ver6.01以降)からの連動ファイル(.CTB)が必須となります。
  2. HyBRIDGE連動オプションが必要です。HyBRIDGE/設計の設計ファイル(.PDS,.XDT)が必須となります。
  • 対応形式
    • 箱桁橋
      • 主桁(フランジ・ウェブ・縦リブ・横リブ・垂直補剛材・水平補剛材・添接板※)
        • 縦リブ添接は除く
      • ダイアフラム
      • 横桁(フランジ・ウェブ)
    • 鈑桁橋
      • 主桁(フランジ・ウェブ・垂直補剛材・水平補剛材・添接板)
      • 横桁(フランジ・ウェブ)
      • 対傾構(上下弦材・斜材・ガセット)
      • 横構(横構部材・ガセット)
    • 床版・橋面
      • PC・RC床版
      • 橋面(地覆・縁石・舗装)
        • 鉄筋・PC鋼材は対象外
機能詳細_図1.
機能詳細_図2.
機能詳細_図3.
  • 専用ビューワ
    • 部材やグループ、属性単位で表示/非表示、透過/非透過と表示方法を変更できます。
    • 3次元上での部材間の2点間距離や角度を計測できます。
    • ツリーまたは3D上で選択した部材の名称や属性情報を確認できます。
    • 視点、寸法、部材表示状態等をブックマークに登録し保存できます。

一般社団法人 buildingSMART Japan「IFC検定」

  • 2019年6月11日、一般社団法人 buildingSMART Japan(bSJ)が実施するIFC検定に合格しました。
    IFC検定とは?(外部リンク)

    • ソフトウェア名称BeCIM/MB
    • バージョン1.04
    • 認証番号CVL01-e-1801
    • 検定区分出力
    • 検定MVD名称土木モデルビュー定義2018
    CVL01-e-1801

国土交通省 新技術情報提供システム「NETIS」

プログラム構成

BeCIM/MB-opHyBRIDGE連動 HyBRIDGE連動オプション

適用範囲

支間数 20支間
主桁本数 10主桁
横断数 200横断
橋種 PC・RC床版鈑桁橋、PC・RC床版箱桁橋

関連ニュース・イベント

ニュース
『平成29年道路橋示方書改定に関するWEBセミナー(有料)』サービス終了のお知らせ
ニュース
『PC-Navi(PC桁橋概略設計システム)』がバイプレストレッシング工法に対応!
ニュース
『平成29年道路橋示方書改定に関するWEBセミナー(有料)』の配信期間再延長!
ニュース
『BeCIM/MB』(鋼橋CIMモデリングシステム)がJTS@SPサービスに新登場!
ニュース
『BeCIM/MB』(鋼橋CIMモデリングシステム)がIFC検定に合格しました